前田敦子を堤幸彦監督が絶賛!「イニラブ」公開を記念し映画対談が実現 

女優の前田敦子がヒロインを演じる映画『イニシエーション・ラブ』が5月23日に公開される。映画の公開を記念して、TOKYO FM「前田敦子のHEART SONGS」では、同作でメガホンをとった堤幸彦監督をゲストに迎え、8日間連続で前田敦子とのスペシャル対談を放送する。


前田敦子とはAKB48時代の『フライング・ゲット』ミュージックビデオや、映画『エイトレンジャー2』でも現場を共にしている堤幸彦監督。「この2週間、監督が好きにしゃべってくださいね!」と前田敦子から丸投げされながら、映画 『イニシエーション・ラブ』についてたっぷりと語った。
出演者にまつわる話の中では、主人公・繭子を演じた前田敦子を絶賛。「この人(前田敦子)は女優として最終兵器!心がわしづかみされます。言葉だけじゃない、“心動く”かわいさがあるんです」。
このほか映画の舞台となる「80年代」や「男心」について、さらには堤監督の恋愛話まで飛び出す。また片岡鶴太郎、手塚理美、とんねるず・木梨憲武など、堤監督が80年代に出会った仲間が、映画の中で、しかも80年代という時代設定の中で出演したことが「構造としておもしろかった」と振り返った。

また、劇中音楽にも使われた80年代を彩る邦楽の名曲たちの中から、堤監督が2週間分毎日1曲をセレクト。当時の思い出とともに80年代の音楽を振り返る。

2人の映画対談は5月18日(月)から28日(木)まで、TOKYO FM「前田敦子のHEART SONGS」(毎週月~木曜日 21:50~21:55)でオンエア。

堤幸彦監督と前田敦子



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top