新日本プロレス・真壁刀義、声優初挑戦もダメ出しに低姿勢

公開アフレコに臨んだ真壁刀義

新日本プロレス所属の真壁刀義が18日、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の公開アフレコに臨んだ。


「マッドマックス」シリーズ最新作となる本作は、愛する者を奪われた主人公マックスと最凶の敵ジョー軍との自由を賭けた戦いを描く。真壁のほか、主人公・マックスの吹き替えをEXILEのパフォーマーAKIRA、最凶の敵となるジョー役の声を俳優の竹内力が演じることでも話題を呼んでいる。
声優デビューとなる真壁が担当するのは、石油も水も尽きかけた世界で、恐怖と暴力で民衆を支配し主人公マックスと敵対する最凶の“ラスボス” イモータン・ジョーの息子の1人、エレクタス。ジョー軍団の強靭な肉体を誇る最強ファイターだ。

乱暴な振る舞いとべらんめぇ口調、しかし時折見せる いい⼈オーラに加えてスイーツ好きというギャップで、プロレス会場の外でも人気急上昇中の真壁。
おなじみのプロレス入場テーマ曲「Immigrant Song」に乗って登場し、開口一番「新日本プロレスの真壁刀義だ!」と絶叫。アフレコ後には「これ、完璧でしょ」と自信のコメント。しかし、ディレクターから「動きが足りない感じですよね」とダメ出しされると、ニックネームの暴走キングコングは鳴りを潜め、素直に「すみません…すみません…厳しいっすね。やっぱり…」といいながら、アフレコ撮り直し。「ディレクターの方が怖いっすから(笑)」と吹き替えの難しさを表しながらも、会場内に笑いを生む一幕も。

作品については、「迫力が凄いね。カーバトルの迫力なんてもうスゴイもんね」と感想を述べ、「『マッドマックス』シリーズは全部見ていたから、今回のオファーがきたとき、とうとうきたなと。試合休んでも行かなきゃと、嬉しくて仕方なくて、日記に書こうかと思った(笑)」と、キャスティング決定時の喜びを伝える。
ハリウッドデビューに関して質問されると「遅かれ早かれ、そうなった」といい、少し間が空くと「マスコミ突っ込めよ!見てる人たちにこの人かわいそうって思われるだろ!」と取材陣にツッコミ。映画の中でスイーツは食べるんですか?と問いかけられると「あるわけねーだろ!さっきの悪いやつが食ってたらおかしいだろ。それは、それで面白いけど」と真壁節を炸裂させていた。

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は6月20日(土)より新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他にて2D/3D&IMAX3D公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top