中村里砂、初のスタイルブック完成に喜び「思ってたよりも大変だった」

モデルの中村里砂が23日、自身初のスタイルブック「中村理砂 FIRST STYLE BOOK RISADOLL」の発売を記念し、都内でサイン会を開催。イベント前に報道陣の取材に応じた。


企画段階から参加し、内容すべてに関わったという中村は「衣装や文章を全部確認したり、撮影以外の作業量が多かった」と苦労を明かし、「最初に思ってたよりもかなり大変な作業で、今日を迎えられて嬉しいです」と完成を喜んだ。

俳優の中村雅俊を父に持ち、母親は女優の五十嵐淳子という芸能一家の中村。「私が大きい荷物を抱えて朝早くから夜遅くまで撮影に行ってる姿をずっと見ていたので、(完成して)よかったねって喜んでくれました」と両親の反応を明かす。同ブックには家族3人の対談も収録されており、「私が芸能界でお仕事をすることを両親がどう思ってるかというのを初めて聞いた。喜んでくれているのがわかってほっとしました」と語った。
親子3人での共演について聞かれると「あるんですかね?機会があれば」と笑顔を見せ、「お父さんは俳優なので、もし自分がその世界に関われたら嬉しい」と共演にも前向きだった。

「ガーリーの教科書」として、若い女性に人気のファッション雑誌「LARME」のトップモデルとして活躍する中村。
同ブックでは初めて海外でのファッションシュートを経験。「『LARME』の本誌でも海外ロケはしたことないので、数日間、みんなで力を合わせて撮影するっていう素晴らしい経験でした」とグアムでの撮影を振り返る。また、水着での撮影にも初挑戦しており、報道陣から「お父さんは複雑かも?」と振られると、「心配はしてるかも」と笑っていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top