三代目JSB、夏の新曲でAfrojackとコラボ

三代目J Soul Brothers

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが27日、福岡・福岡ヤフオク!ドームにて全国ドームツアー「三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 “BLUE PLANET”」をスタート。本公演にて、次の夏の新曲がパフォーマンスされ、その内容が明らかになった。



7月8日リリースとなる新曲のタイトルは「Summer Madness」。元Guns N’ Rosesのギタリスト・SLASHとコラボした前作「STORM RIDERS feat.SLASH」に続いて、今作も大物アーティストとコラボ。その相手は現在のEDMブームの火付け役としてムーブメントを牽引するAfrojack(アフロジャック)。

Afrojack

Afrojack

Afrojackは若干27歳という若さでありながら、その才能溢れる音楽センスでEDM界の象徴的存在ともなっており、彼が得意とするEDMと他ジャンルをMIXしながら自身のサウンドを創り出すスキルは“AFROMAGIC”と称され、いま世界中から注目されているDJ、プロデューサー。
クラブシーンのみならず、ビヨンセやマドンナといった数々のビッグネームのプロデュースやリミックスを手掛け、2011年にピットブルの「Give Me Everything」をプロデュースし全米チャート第1位獲得。2013年にはデビッド・ゲッタとともにリミックスしたマドンナの「REVOLVER」のリミックスでグラミー賞を受賞するなど、世界のビッグネームたちも認める才能の持ち主だ。

今回のコラボレーションは、三代目 J Soul Brothersのパフォーマンスを見Afrojackに、常に最先端の音楽を発信していくことを目標に掲げる彼らの想いが届いて実現。AfrojackのEDMトラックに「R.Y.U.S.E.I.」を手掛けたSTYがトップライン(=歌詞とメロディー)を付け、2015年のサマーアンセムが完成した。

楽曲は三代目 J Soul Brothersオフィシャルサイト、またはEXILE TRIBE mobileサイトで視聴できる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top