羽生結弦の等身大フィギュアがお台場に登場

2014年ソチオリンピック、フィギュアスケート金メダリスト・羽生結弦選手の等身大フィギュアが東京・台場のマダム・タッソー東京に5月29日より展示される。


マダム・タッソーは世界のセレブリティ本人公認等身大フィギュアが並ぶ体験型アトラクション施設。展示されている等身大フィギュアとは直接肩を組んだりして自由に写真撮影などを楽しむことができる。

本人の頭と顔、体を250カ所以上を計測するシッティングは実に約3時間にも及んだが、羽生は「貴重な体験でした。ずっとワクワクしながら楽しめました!」と普段とは違う体験に興味深そうな様子だった。

今回のポーズは2014年ソチオリンピックのフィギュアスケート男子シングルで、国際大会のショートプログラムでは史上初となる100点台を記録した「パリの散歩道」での最後の決めポーズを再現。
衣装は、本人が上記プログラム時に実際に着用した衣装と全く同じものを製作。スケート靴は羽生本人が以前実際に着用していたもので、ブレスレットやネックレスなどのアクセサリーも、本人から提供されたものを着用している。

関連リンク:マダム・タッソー東京



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top