「図書館戦争」に松坂桃李、中村蒼、土屋太鳳が参戦 SPドラマも今秋OA

2013年公開『図書館戦争』の続編として、10月10日に公開される映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』。映画の公開にあわせてこの秋、TBS系列にてドラマスペシャル『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』がオンエアされることが決定した。


この映画とドラマに新たに合流する新キャストとして、松坂桃李、中村蒼、土屋太鳳の出演が発表された。
松坂桃李は福士蒼汰演じる図書隊のタスクフォース・手塚光の兄で、榮倉奈々演じる郁に近寄る謎の男性、手塚慧役。主演の岡田准一とNHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」以来の共演となる松坂は「キャストの皆さん、佐藤組のスタッフの皆さんの多くが、以前一緒にお仕事をした方たちばかりだったので、変な緊張もなくスッと入ることが出来ました。新しい登場人物の手塚慧として、本作のいいスパイスとして存在出来たらと思っております」と話している。

中村蒼は栗山千明演じる柴崎麻子が心惹かれる学芸員・朝比奈修二役。「完成されたところに入るのはとても緊張しますが、現場の雰囲気が素敵で、居心地がよかったです」とコメント。
土屋太鳳は田中圭演じる小牧幹久の幼馴染であり、聴覚障害がありながらも意志の強い女性、中澤毬江を演じる。この難役に土屋は「聴覚を失う厳しい演技は本当に難しいですが、私の家族が毬江ちゃんと同じ突発性難聴で右の聴力を失っているので、一緒に歩んだ家族としても、誠実に心をこめて演じました」と語っている。

国家による思想検閲や、メディア規制に対抗し「本を読む自由」を守っている図書隊の奮闘を描く本作。続編となる映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』では、図書隊にこの世に1冊しか現存しない“自由の象徴”「図書館法規要覧」の一般展示が行われる“芸術の祭典”会場の警備の指令が下る。しかしこれはタスクフォース壊滅を目論み仕組んだ罠だった――。
一方、ドラマ『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』では、原作の持つもう一つの魅力・胸キュンなラブコメ要素が詰まった図書隊員の日常が描かれる。

映画とドラマ、2つの『図書館戦争』について、岡田准一は「原作ファンの方のみならず、初めて観ていただく方にも楽しめるようになっていると思います。新キャストの方々も加わった、図書館戦争の世界を是非楽しんで下さい」とアピールしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top