綾野剛ら、沢尻エリカの演技を賞賛「この10年で一番かわいい」

「新宿スワン」初日舞台挨拶

初日舞台挨拶を行った「新宿スワン」キャスト陣

映画『新宿スワン』が30日、公開初日を迎え、都内で行われた舞台挨拶に主演の綾野剛をはじめ、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介、山田優、金子ノブアキ、深水元基、監督の園子温、脚本を手掛けた鈴木おさむ、山本又一朗プロデューサーが登壇した。



先日行われた本作のPRイベントでは、ものまねメイクでお馴染みのざわちんが山田孝之に扮して登場したことを受け、この日、山田孝之はざわちん風のマスクをつけて登壇。綾野が「ちょっと山田孝之が来れなくて、今日もざわちんが来てくれました」と紹介して会場の笑いを誘った。

1人1人が主演を担えるほど豪華なキャストが揃う本作。綾野は「ただ和気あいあいではなく、力強く見せるところは見せて、これだけ4番バッターが集まっているなかで戦っているので…」と話していると、隣の山田が「俺4番かな?」と言葉を遮る。「4番だよ」と軽く流して話を進める綾野だったが、山田が再び「俺やっぱり4番じゃないと思うよ」と食い下がると、「なんだよ急に。じゃあ何番がいいんだよ」と、2人で夫婦漫才のようなトークを展開して場を和ませた。

映画は新宿歌舞伎町に彷徨いついた一文無しの白鳥龍彦(綾野剛)が、スカウトマンとして働きながら、様々な人に出会い成長していく物語。誰よりも純粋で、「自分がスカウトした人には必ず幸せになってほしい」という強い正義心を持っていた白鳥龍彦の心の葛藤や、傷つきながらも新しい自分に生まれ変わろうとしていく姿を描く。

沢尻との共演の印象を聞かれた綾野は「もう“エリカ様”じゃない。この10年間で一番かわいい沢尻エリカが見れる。“エリカちゃん”って呼べる可愛さ」と、その演技を賞賛。沢尻は「嬉しいです。アゲハって可愛らしさと若さを大切にやってたので、うまく出せてればいいな」とニッコリ。
沢尻が演じたアゲハは借金返済のため風俗で働く風俗嬢で、龍彦を救いの王子様として慕う。脚本を手掛けた鈴木おさむは「やっぱりあの役をやるという覚悟とか、やりきった力というのは、すごい。普通の女優じゃないなと思いました」と評し、園監督も「この映画にかける心意気というのはものすごく迫力が感じられた」と沢尻の熱演を讃えていた。

なお、この日5月30日は「ご・み・ぜろ」の日として、新宿区では毎年ゴミゼロ運動が行われており、今回、『新宿スワン』もこのゴミゼロ運動に参加。呼びかけに応じたボランティア団体や一般参加者らが、映画の舞台となった新宿歌舞伎町にて『新宿スワン』オリジナルゴミ袋1万枚を配布し、舞台挨拶前には綾野剛と園監督も参加者へのお礼に駆けつけた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top