渡辺麻友の肖像画がお披露目 指原・高橋ら「かわいい!」と驚嘆

「AKB48 選抜総選挙ミュージアム」オープニングセレモニー

AKB48の高橋みなみ、横山由依、柏木由紀、HKT48指原莉乃宮脇咲良が2日、東京・千代田区のアーツ千代田3331にて行われた「AKB48 選抜総選挙ミュージアム」オープニングセレモニーに出席した。


イベントでは前回の総選挙で第1位に輝いた渡辺麻友の巨大肖像画のアンベールを実施。
肖像画を見た5人は「かわいい!」と声を揃え、「歴代(の肖像画は)似てないでお馴染みだったのに」と驚きを隠せない様子。指原は自身の肖像画と比較して「絶対描く人変わった。タッチが違う」と指摘。高橋が「美少女は美少女になるんだよ」と深く頷いていると、「誰がブスや」とツッコミを入れて笑いを誘った。

高橋みなみをはじめ、前回1位の渡辺麻友や、NMB48の山本彩ら、今年は1位狙いを宣言するメンバーが多いことについて指原は「すごく清々しい。1位目標メンバーが多いなかで、しっかり1位を獲りに行きたい」と女王の座への返り咲きを狙う。
この日のイベントでも、高橋、指原、柏木があらためて目標1位を宣言。1位狙いを明言していない横山は目標順位を聞かれると「“神7”目標と言っているんですけど、目指すところは高く5位で」と目標を掲げる。しかし、続いて聞かれた宮脇が「じゃあ私は4位で」と対抗心を露わにすると、横山も「やっぱり3位!」と早くも火花を散らしていた。

「AKB48 選抜総選挙ミュージアム」は同会場にて6月3日(水)から6月21日(日)まで開催。立候補した総勢272名のメンバーの個性豊かな選挙ポスターや意気込みを書いた色紙、これまで第1位に輝いたメンバーの肖像画や一位の“椅子”など、総選挙の全てを体感できる展示が並ぶほか、6月6日に福岡ヤフオクドームで開催される開票イベントのパブリックビューイング、立候補メンバーによるスペシャルステージなど、ファン参加型のプログラムも多数用意される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top