斎藤工の下ネタに女性司会者苦笑い

「家族ごっこ」プレミア先行上映イベント

映画「家族ごっこ」キャスト&監督

俳優の斎藤工が4日、都内で行われた『家族ごっこ』プレミア先行上映イベントに出席した。


本作は不思議な家族をテーマにした、シュールなオムニバス映画。短編5作品のうち、斎藤は、ある日突然集められ“鈴木家”を演じさせられる4人の男女の謎を描いたEpisode1「鈴木ごっこ」に出演している。

本作ではガラの悪い役を演じた斎藤。「衣装合わせの時に自分の私服でその役に一番近い服を持っていく」と明かし、「今回全部採用されまして。私服で芝居するというのがとても楽しいというか、ラクチンでした」と撮影を回顧。
「甘いイメージの役とガラの悪い役はどちらが好きか」と問われると、「何でもいいですけど、いい人の役のほうがCMが決まりやすい」とおどけて会場を笑わせた。
また、メガホンをとった木下半太監督は「今回の役はピッタリだと思います。新しい工くんの魅力が出ている」と、斎藤の演技に太鼓判を押していた。

イベントには斎藤のほか、本作に出演する鶴田真由、小林豊、櫻木百、矢部太郎、木下ほうか、新木優子も出席。
先日、8代目「ゼクシィ」CMガールに抜擢された新木優子は、美人4人姉妹の中で誰が一番貧乳かで家族崩壊の危機を迎えるEpisode4「貧乳クラブ」に出演。
インパクトのあるタイトルに斎藤は「男性版があったら出たい」と食いつき、女性司会者が「女性のがあるなら男性のもね」と相槌を打つと、斎藤は「男性ならどこになるんですかね?」と逆質問。司会者は「もう1度いいですか?」と苦笑い。矢部太郎が「なんてこと聞くんですか」とツッコミを入れ、会場は爆笑の渦に巻き込まれた。

今回の上映は同日開幕したアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の一環。斎藤は上映イベント前に行われた同映画祭のオープニングセレモニーにも出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top