天海祐希が台湾初訪問 熱烈歓迎に涙

映画「ゲキ×シネ『蒼の乱』」が6月25日より台湾で開催される「2015 autoaiD映画祭」のオープニング作品に決まり、6月4日、主演の天海祐希が初めて台湾を訪れた。


台湾でも天海が出演したドラマが放送されており、現地のファンや報道陣たちにとって、待ちに待った天海の台湾訪問。台北松山空港には約500人のファンが駆けつけ、天海祐希が姿を現すと、「天海さ〜ん!!」の大歓声が鳴り止まず、空港が一時騒然となるほどの熱烈歓迎ぶりだった。

その後、台北のホテルで行われた記者会見には100人を超える報道陣が集結。
天海は、「今回初めて台湾に来る事ができてとても嬉しいです。これまでも台湾のファンからたくさんのお手紙をいただいたりと、心から応援してくださっていることが伝わってきていましたので、今回台湾に来ることができて本当に嬉しいです」と初訪問の喜びを語った。

また空港での熱烈歓迎について「空港に着いたときにたくさんのファンの方が迎えてくださいまして、台湾の方達はとても良心的で良識的で、でもとても熱くて、国も文化も言葉も違うのにあんな風に迎えていただけたのはすごい幸せで、皆さんの想いをしっかり胸に刻ませていただきました。本当にありがとうございました。これからも台湾にちょくちょく来れたら良いなと思います。」と涙ぐみながら台湾のファンへの感謝の想いを語った。

映画「ゲキ×シネ『蒼の乱』」は全国で公開中。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top