杉咲花、RADWIMPS野田洋次郎にまさかのダメ出し

映画「トイレのピエタ」初日舞台挨拶

舞台挨拶に登壇した杉咲花、野田洋次郎、松永大司監督(左から)

映画『トイレのピエタ』が6月6日に公開初日を迎え、主演を務めたロックバンド・RADWIMPSのリード・ボーカル&ギターの野田洋次郎、ヒロインを演じた女優の杉咲花、松永大司監督が都内で舞台挨拶を行った。


映画初出演にして初主演となった野田は「撮影してから1年くらい経って、この日が来たことを心から嬉しく思います。僕の人生にとってかけがえのない体験をさせてもらった監督と共演者のみんなとスタッフに心から感謝しています。今日は本当に幸せいっぱいです」と感無量の様子。
1年にわたるオーディションの末に抜擢された杉咲は、満員の客席を見渡して「みんなの顔を見ていると泣きそうです」と声を震わせ、「本当に松永さんは素晴らしい監督で、すごく演技指導がきつかったのは間違いないんですけど、こんなに愛情を持って最後まで信じてくれた監督は初めて。出会えただけでも大きな財産です」としみじみ。
野田について、「ちょっと生意気で申し訳ないんですけど、本当に本当に頑張ってたんです」と賛辞を送り、野田が頭を垂れる一幕も。あらためて「ピエタのチームは素晴らしかった」と振り返った。

150606pieta13杉咲演じる女子高生の真衣が学校のプールで金魚とともに泳ぐシーンでは、監督もカメラチームもプールの中に入って撮影するなか、衣装を濡らすことができない野田はプールサイドに佇み、「風が強かったのでプールに入ってしまう落ち葉をすくってました」とエピソードを披露。
そんな野田を松永監督は「完全にスタッフとして支えてくれてました」と冗談めかしつつ労い、野田は「やれることはみんなでやろうという現場だったので」と謙虚に現場の雰囲気を伝えた。
すると杉咲が「でもプールの中で泳いでる時、金魚のほうに泳いでいったら落ち葉だったんですよ。だからちょっと拾い忘れてました」と突然クレームをつけ、野田は「おいおい、絶対おかしいでしょ、この場で言うの。ビックリしたよ」と1年越しのダメ出しに苦笑い。松永監督は「ぶっこんでくるなあ。さすが天才だな」と杉咲の天然ぶりに驚嘆していた。

本作は手塚治虫が死ぬ直前まで綴っていた病床日記をもとにしたオリジナルストーリー。余命3ヶ月と告げられた青年・宏(野田)と偶然出会った女子高生・真衣(杉咲)は、互いの素性も知らぬまま、反発しながらも惹かれ合っていく。青春の儚さと純粋さを映し出す切ない恋愛映画。本日6月6日より全国で公開中。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top