AKB48選抜総選挙、指原莉乃が女王返り咲き

AKB48 41stシングル 選抜総選挙

AKB48の41枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバーを決める「AKB48 41stシングル 選抜総選挙(第7回AKB48選抜総選挙)」の開票イベントが6日、福岡 ヤフオクドームで開催され、HKT48チームHの指原莉乃が194,049票を獲得。2位の柏木由紀と大差をつけて1位に輝いた。



指原莉乃(写真は今年6月2日)

指原莉乃(写真は今年6月2日)

2013年に行われた32nd選抜総選挙以来、2度目の1位となった指原。司会を務めた徳光和夫からトロフィーを受け取ると、「まさかこんなに素敵な景色をもう一度見ることができるとは思っていませんでした」と感涙。
「投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます」とファンに感謝を伝えた後、HKT48のメンバーに対しても「普段は恥ずかしくてこんなこと言えませんが、みんなは私の大事な大事な宝物です、いつも本当にありがとう」と想いを伝えた。

「AKBグループの中でもかなり特殊な存在」と自己分析する指原は、2年前の総選挙1位について「『スキャンダルからの大逆転」『HKT48の立役者』という“AKBのストーリーに支えられての1位”だとずっと思っていました。いつか私もみんなみたいに“指原莉乃”として評価されたいと思っていました」と胸の内を明かし、「私はもう1度1位になることができました。奇跡の1回ではなく、自分が1年頑張ってきたことが評価されての1位だと思っています」と女王返り咲きを喜んだ。

また、指原と1位争いを繰り広げた昨年1位の渡辺麻友は今回3位に、速報で2位につけていた柏木由紀も巻き返しはならなかった。
そのほか、上位7人・通称“神7”入りを目標としていたHKT48の宮脇咲良が宣言通り、7位にランクイン。今年12月にグループ卒業を予定している高橋みなみは自身最高位となる4位で最後の選抜総選挙を締めくくった。

この日決定した選抜メンバーによる楽曲が収録されるAKB48の41stシングルは8月26日に発売される。

AKB48 41stシングル 選抜メンバー

1位 指原莉乃(HKT48チームH)↑昨年2位
2位 柏木由紀(AKB48チームB/NGT48)↑昨年3位
3位 渡辺麻友(AKB48チームB)↓昨年1位
4位 高橋みなみ(AKB48チームA)↑昨年9位
5位 松井珠理奈(SKEチームS/AKBチームK)↓昨年4位
6位 山本彩(NMBチームN/AKBチームK)→昨年6位
7位 宮脇咲良(HKT48チームKIV/AKB48チームA)↑昨年11位
8位 宮澤佐江(SNH48チームSII/SKE48チームS)↑昨年12位
9位 島崎遥香(AKB48チームA)↓昨年7位
10位 横山由依(AKB48チームA)↑昨年13位
11位 北原里英(NGT48)↑昨年19位
12位 渡辺美優紀(NMB48チームBII/AKB48チームB)↑昨年18位
13位 松村香織(SKE48チームKI)↑昨年17位
14位 高柳明音(SKE48チームKII)↑昨年31位
15位 柴田阿弥(SKE48チームE)→昨年15位
16位 武藤十夢(AKB48チームK)↑昨年24位

■AKB48 41stシングル 選抜総選挙:http://sousenkyo.akb48.co.jp/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top