佐藤隆太、俳優デビューの地で“カビ人間”に

俳優の佐藤隆太がこの秋10年ぶりに上演される舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』(渋谷•パルコ劇場ほか)で“カビ人間”を演じることが決定した。


佐藤隆太

佐藤隆太

かわいらしさやコミカルさ、悲哀を併せ持つ“カビ人間”というキャラクターに必要な強い個性と魅力を備え、かつ全く新しい“カビ人間”を生み出すことができ、パルコ劇場でその実力を存分に発揮できる俳優、というカンパニーサイドの絶対的な信頼から白羽の矢が立った。

舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』は、1996年に脚本の後藤ひろひとが当時座長をつとめていた劇団「遊気舎」で初演、その後、演出:G2×脚本:後藤ひろひとのタッグによるプロデュース公演で、2002年(大倉孝二主演)、2005年(片桐仁主演)と再演を重ね、笑いと号泣の唯一無二の世界観を生み出し、根強いファンを獲得した。今回、満を持して10年ぶりの再演となる。

物語は中世、住民皆が異なる症状の奇病に冒された、とある町が舞台。
鐘つき男の“カビ人間”は、かつて美しい容姿に醜い心を持った男であったが、奇病によって心と容姿が入れ替わり、水晶の泉のような心とカビに包まれた醜い容姿を持つ、町の嫌われ者となってしまう。
カビ人間は、ある日、思ったことと反対の言葉しか話せない病に苦しむ娘・おさえに出会い、やがて2人は惹かれ合うようになるが、周囲を渦巻く思惑や裏切りが、いつしか2人を思わぬ悲劇に巻き込んでいく――というストーリー。
ファンタジックな世界観と胸に刺さる寓話性、まさに“大人の童話”といった作品である。

1999年パルコ劇場の舞台「BOYS TIME」で俳優デビューし、今作が7作品目のパルコ劇場出演となる佐藤隆太は「僕にとっては出発点でもあるパルコ劇場で、新たなチャレンジが出来ることを楽しみにしています」と縁の深い同劇場での上演に期待を膨らませる。「物語の中では沢山の感情が渦巻いて、おそらく観客の皆さんも、物語の世界に入り込んだような気持ちになってご覧頂けるのではと思います。ファンが多い作品と聞いていますが、僕なりの新たなカビ人間の姿をお届けできるよう稽古に臨みます」と意気込みを語った。

公演は、2015年10月の渋谷•パルコ劇場を皮切りに、大阪、札幌、仙台ほか各地で上演予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top