おのののか&柳ゆり菜&松浦雅、女子高生と「呪怨」鑑賞 悲鳴に手応え

映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』の女子高生限定試写会が8日、都内で行われ、本作で女子高生を演じたタレントのおのののか、柳ゆり菜、松浦雅、そして本作で俳優デビューを果たしたYouTuberのHIKAKINが出席した。


女子高生たちと一緒に映画を鑑賞した4人。おのは「皆さんどのシーンでどう反応してくれるのかなってドキドキしながら見てたんですけど、思ってたより10倍くらい反応が大きくて、逆に皆さんの声にビックリしました」といい、「怖いなかにもみんなでキャーキャー騒いで楽しめる映画でもあるんだなって確信しました」と女子高生たちの反応に確かな手応えを得たよう。
松浦と柳も、「ホラー映画って映画館の中では悲鳴を我慢してるイメージだったんですけど、すごく素直な歓声が聞けて新鮮でした」(松浦)、「皆さんのキャーキャーっていう悲鳴を直に感じながら観ることができて嬉しかったです」(柳)と、イベントに満足の様子だった。

おのののかは本作が映画初出演。「演技がほとんど初めてで、女子高生役もしたことがないし、いま23歳なので制服を着るのも久しぶり。いろんなことでどうしようどうしようって緊張があったけど、みんなに支えられながら演じきることができた」と撮影を振り返る。また、5歳下の妹が撮影当時、現役の女子高生だったことから、「妹の友達が家に来たときに『今時のJK(女子高生)はどんな感じなんだろう』って観察しましたね」と役作りの秘訣を明かした。

この日、おの、柳、松浦の3人は劇中で着用した衣装で登場。制服姿で本物の女子高生の前に立ったことについて、おのは「23歳で一番年上だし、実際に現役の子たちを目の前にしたらちょっと目が合わせられないというか、申し訳ない気持ち」と苦笑い。「次に女子高生役のオファーがきたら?」との報道陣の質問に「くるかなー?」と首を傾げながらも、HIKAKINが「最初(3人の)年齢を知らなくて、むしろそのくらい(の歳)だと思ってた」と伝えると、「嬉しい。うまいですね〜」と頬をゆるめていた。

映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』は6月20日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top