綾瀬はるか・広瀬すずら「海街」4姉妹がロケ地・鎌倉に浴衣姿で登場

(左から)広瀬すず、長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆

女優の綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4人が9日、映画『海街diary』のヒット祈願を作品の舞台となる鎌倉・長谷寺にて行った。


未明から降っていた雨もイベントが始まる頃にはすっかり止み、4人が劇中でも着用した浴衣姿で海と街が一望できる見晴台に登場すると、紫陽花見物に訪れていた多くの観光客などから「かわいい〜」「きれい〜」という声が飛び交い、騒然となった。

ロケ地・鎌倉でのヒット祈願に綾瀬は「ちょうど、私がクランクインした頃も紫陽花が咲いていた季節だったので、またこうやって来ることができて嬉しいです」と再訪を喜び、長澤は「昔なつかしい日本の味わいがありつつも、決して古めかしいわけじゃなく、都会的な魅力ももっている。年齢を問わず、親しみをもてる街」と鎌倉の印象を語った。

先月、フランスで開催された「第68回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に本作が正式出品され、揃ってカンヌのレッドカーペットを歩いた4人。
綾瀬は「はじめて行った場所で、空気感も違うし、映画に対する情熱を感じる場所でした。温かい拍手もいただいて、とても刺激的で、忘れられない日々になりました」と初めてのカンヌ映画祭を回顧。
初めての海外映画祭参加となった広瀬は「レッドカーペットは映画祭ならではという感じで、お姉さんたちと歩けたことが幸せでした。大人になってからもずっと思い出すだろうなと思っています」としみじみ。
公式上映後には現地の観客からスタンディングオベーションをもらったことについて、夏帆は「みなさんの反応が温かくて、夢見心地だったけど、貴重な体験だったと噛み締めています」と振り返った。

その後、劇中の重要なシーンに登場する梅酒にちなみ、”映画『海街diary』特製梅ジュース“での鏡開きを実施。一般の参拝客や報道陣に、4姉妹から特製梅ジュースが振舞われた。

映画『海街diary』は6月13日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top