乃木坂46・生駒里奈、センター復帰作「太陽ノック」にかけて「ヒットしたい」

乃木坂46

乃木坂46が13日、都内で行った「セブン-イレブンフェア」の記者発表会で7月22日発売の12枚目シングルのタイトルが「太陽ノック」であることを発表した。


イベントには同シングルの“10福神”メンバー、秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、白石麻衣 高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、若月佑美が出席。

5thシングル「君の名は希望」以来、7作ぶりにセンターを務める生駒は新曲について「今までの夏曲と比べると、どちらかというとかわいらしい曲」と紹介。絶賛制作中なので、期待して待っていてください」とアピールした。
さらに楽曲タイトルの「ノック」にかけて、バットを振るジェスチャーを交えながら「ヒットしたい」と意気込むと、メンバーから「おおー」っと歓声があがる一幕もあった。

また、今年4月まで乃木坂46を兼任していたSKE48・松井玲奈が先日グループ卒業を発表したことについて、生駒は「約1年間の短い期間だったんですけど、乃木坂46の一員として引っ張ってくださったので、正直、卒業は寂しいですけど、玲奈さんと一緒に過ごせた経験は濃かったなと思う」と、ともに過ごした兼任期間を回顧。「アイドル時代にもう1回ライブに遊びに来てくれたら嬉しい。卒業してからも共演とかできるように私たちも頑張りたい」と語った。

乃木坂46はセブン-イレブンとコラボレーションしたフェアを7月4日よりスタート。
「乃木坂っぱえびせん」や「乃木坂ッポロポテト」といった乃木坂46限定スナックも販売される。
商品のパッケージにはメンバーの顔がデザインされるが、生駒は「どうしようって思う。嬉しいんですけど、店内に自分がたくさんいると、自分に見られているような気がしちゃう」と話し、生田は「今まで以上に変装しないと」と、自分の顔が棚に並ぶことにやや気恥ずかしさも。
一方、秋元は「私、自分の顔がけっこう好きなタイプなのですごく嬉しい。顔を全部出したまま買いに行こうと決めています」と宣言して周囲を笑わせていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top