広瀬すず、初声優に「3年間で一番緊張」

映画「バケモノの子」完成披露会見

広瀬すずが15日、声優初挑戦となった細田守監督の新作アニメーション映画『バケモノの子』の完成披露会見に出席した。



映画は人間界(渋谷)とバケモノの棲む異世界「渋天街」を舞台に、バケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹の弟子となった少年・九太の冒険を描く。

渋谷にある進学校に通う女子高生・楓。九太と図書館で出会い、一緒に勉強するヒロイン役を演じた広瀬は、「初めて声のお仕事をやらせていただいて、いきなり細田さんの作品に参加させていただけたことをすごく幸せに思います」と本作への出演に喜びいっぱい。
「(物語の舞台が)渋谷で現実的だけど起きてることは非現実的。楓は唯一の人間なので身近に感じてもらいたいと思いながらやった」とアフレコを振り返り、「普段あまり緊張しないタイプなんですけど、このアフレコの収録の時は、3年間お仕事を続けてきて一番緊張しました」と笑顔を見せた。

完成した作品を観て「自分の声がアニメーションの中で楓ちゃんとして生きてるのが不思議な感覚だった」と率直な感想を述べ、「これをたくさんの人に観てもらえるんだなと思ったらドキドキした」と公開を心待ちにしている様子だった。

会見には広瀬のほか、声優を務めた役所広司、宮崎あおい、染谷将太、大泉洋、リリー・フランキー、細田守監督、齋藤優一郎プロデューサーも出席。
大泉は監督の前で「このメンバーでこの『バケモノの子』を実写で撮りたい。ぜひこのままのキャストで」と実写化を熱望。自身は今回、老けた猿顔のバケモノ・多々良を演じたが、痩せた豚顔のバケモノ・百秋坊を演じたリリーを指し、「僕とリリーさんは鼻と耳くらい付ければイケる」と話して会場を笑わせていた。

映画『バケモノの子』は7月11日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top