トリンドル&篠田&真野、ネタバレにヒヤヒヤの舞台挨拶

7月11日に公開される映画『リアル鬼ごっこ』の完成披露試写会が15日、都内で行われ、本作に出演するトリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜、そして園子温監督が舞台挨拶に登壇した。


開始早々、映画の中で印象に残っているシーンを聞かれたトリンドルが、園監督から「ネタバレはダメだよ。慎重にね」と釘をさされると、「一生懸命頑張りました」とひと言。「何も言えなくなっちゃった?」という監督に、「何も言えないです」と苦笑いを浮かべていた。
続けて同じ質問に答えようとした篠田に対しても、園監督が「気をつけてね」と、やんわり警告。篠田は「今まで演じることってすごく難しく捉えていた」と切り出し、「“演じる”っていうよりも、この世界に飛び込んだような、考える暇もなくストーリーが展開していくのが楽しくて、実際“演じる”っていう感覚がほとんどなくて、“体感する”っていう感覚だった」と、ネタバレすることなく撮影を振り返った。

これまでに何度も映画化されてきた『リアル鬼ごっこ』だが、本作では園監督のオリジナル脚本によって、まったく新しい『リアル鬼ごっこ』がトリンドル、篠田、真野のトリプルヒロインで描かれる。
MCからトリプルヒロインという設定について聞かれた園監督は「えーと・・・やばい、僕がネタバレしそう」と慌てる素振りもありつつ、「ともかく三者三様の壮絶な内容なんです。彼女たちも『死ぬ気で頑張る』って言って、すごい迫力で。それに圧倒されっぱなしでした」と3人の熱演を称えた。

その後も、篠田がトーク中に「実際この3人の中で…、この後言っていいですか?」と監督に確認する一幕もあり、ネタバレ禁止に終始ヒヤヒヤの舞台挨拶となった。

また、イベントでは映画の内容にちなんで「何かに追われた経験」という問いが投げかけられ、篠田はディズニーランドで修学旅行の高校生たちに追われたエピソードを披露。「写真を頼まれたので1枚撮ったら、どんどん集まって来ちゃって『これヤバイな』って。リアル鬼ごっこになりました」と会場を笑わせた。
「あなたたちはふてぶてしいので」という映画のキャッチコピーにちなみ、「自分をふてぶてしいと思ったこと」を聞かれた真野は「普段、真顔がふてぶてしいと言われる。『街中で真野恵里菜を見かけると睨まれる』みたいに言われた時期がある」と告白。「ふてぶてしくしてるつもりはないです。安心してください」と弁明していた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top