miwa、全国ツアーファイナル 横アリで 25歳バースデー

Photo by 佐藤薫

シンガーソングライターのmiwaが15日、横浜アリーナにて全国ツアー「miwa concert tour 2015 “ONENESS”」のファイナルを迎えた。



4thアルバム「ONENESS」を引っ提げ、14都市19公演を行ったツアーのラストを飾るこの日は、miwaの25歳の誕生日。バースデーを祝福しようと全国から12,000人のファンが駆けつけ、会場を埋め尽くした。

今回のステージでは、アルバム「ONENESS」からの最新ナンバーを中心に、「ヒカリヘ」「441」などお馴染みの人気曲も網羅。「片想い」では感情豊かに涙を流しながら歌いあげ、会場から喝采を浴びると、続いてmiwaが敬愛するキャロル・キングの代表曲「You’ve Got A Friend」のカバーをアコースティックギター1本で弾き語り、観客を魅了した。
世界的女性ギタリスト・オリアンティが参加した楽曲「super heroine」では、「どうしても女性にソロを弾いてもらいたい」とmiwaが直接オファーした天才女子高生ギタリスト・瑠璃(るり)が登場。高校生とは思えない超絶ギターソロを披露し観客の度肝を抜いた。
小学3年生のときから知り合いだというmiwaとの共演を叶えた瑠璃は、「こんな大きな会場でできるなんて。ギターをやっててよかった!」と喜びを噛みしめていた。

アンコールでは、高さ1.2mの特大の“チビmiwa”ケーキが登場。その大きさには「チビmiwaなのに、私より大きいんじゃない?!」とmiwaもビックリ。さらにサプライズで、海外にいるオリアンティからのビデオメッセージや、デビュー前からmiwaを良く知る事務所の先輩、綾野剛からのバースデイコメントがスクリーンに映し出され、「最高の25歳です。みなさんありがとう」というmiwaの言葉ともに、会場はmiwaの誕生日を祝う暖かいムード一杯に包まれた。

「春になったら」「again×again」では、アルバム「ONENESS」のジャケットのモチーフになった“タンポポの種”を模したトロッコに乗り込むと、会場を周回しながら観客のそばで歌を届けた。
ラストの「君に出会えたから」では、恒例のタオルまわしダンスに警備員までも踊り出し、アルバムのタイトル「ONENESS」に込めた“ファンとひとつになりたい”という想いのとおり、miwaと会場のファンが一体となったステージでツアーを締めくくった。
すべての曲が終わり、「ありがとう」と会場に手を振ったmiwaの目には涙が光っていた。

「miwa concert tour 2015 “ONENESS”」in横浜アリーナ セットリスト

M-1 ONENESS
M-2 Faith
M-3 キットカナウ
M-4 It’s you!
M-5 441
M-6 恋の予感
M-7 Faraway
M-8 フィロソフィー
M-9 月食〜winter moon〜
M-10 片想い
M-11 You’ve Got A Friend(キャロル・キング)
M-12 fighting-φ-girls
M-13 空の彼方
M-14 super heroine
M-15 chAngE
M-16 ストレスフリー
M-17 ミラクル
M-18 ヒカリヘ
M-19 希望の環(WA)
〜アンコール〜
EN1 360°
EN2 春になったら
EN3 again×again
EN4 君に出会えたから



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top