役所広司&宮崎あおいら「バケモノの子」豪華キャスト登壇も…観客は“チコ”に夢中!?

映画『バケモノの子』完成披露舞台挨拶

細田守監督の新作アニメーション映画『バケモノの子』の完成披露試写会が15日、都内で行われ、声優を務めた役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、大泉洋、リリー・フランキー、津川雅彦、細田守監督が舞台挨拶に登壇した。



キャストが姿を見せる直前、会場の天井から、劇中に登場する白い不思議な小動物“チコ”が舞い降りてくるという演出があり、観客は我先にチコを掴み取ろうと躍起に。そんななかでステージの幕が上がり、キャスト陣が登場。チコが降り止まず、MCが「ちょっとまだ取り合いが続いておりますけどね」と苦笑いしながら、舞台挨拶がスタート。

150615bakemono21リリー・フランキーは第一声で「皆さん映画を観終わって、細田さんの『争うことがいかに無益であるか』というメッセージを観た直後に、降ってきたチコを奪い合うという。私、悲しい思いです」とジョークを飛ばすと、
続いて挨拶した大泉洋も「(舞台挨拶は)だいたい呼び込まれて入ってくることが多いんですけど、先に幕の後ろで立ってるのは非常に緊張するもので、幕が上がってくるとドキドキして、皆さんどんな顔してるのかなと思ってたら、皆さんチコに精一杯。ちっともこちらを見てない」とボヤキ節。「このチコを降らせる演出を考えた人には説教しなきゃいけないなと。我々の登場が非常に散漫になってしまった」といって観客を笑わせた。

役所広司はアフレコ収録を振り返り、「僕は必死だった。とにかくほとんど怒鳴ってまして…声が枯れずに最後まで持つか不安だった」と苦笑い。「若い人たちは本当に上手なんですよ。アニメで育った世代は全然違う」と宮崎らのアフレコに舌を巻く。しかし、当の宮崎は「すごく緊張して『どうしようどうしよう』って思いながら現場に行っていました。やっているうちにだんだんノッてきて、最終的には楽しくなりました」と制作期間を回顧。
アニメ声優初挑戦となった広瀬は「収録に入る前に先輩方の雰囲気とか現場の様子を見学させてもらって、なんとなくこういう感じなのかなっていうのを掴んだんですけど、やっぱりマイクの前に立つと足が震えた」と声優デビューの緊張を明かす。「一番最初に予告を録ったんですけど、今でももう一回予告を録り直したいと思うくらい緊張してました」と振り返った。

本作はバケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの棲む異世界「渋天街(じゅうてんがい)」での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台にした壮大なアクション、そして親子の絆やヒロインとの淡い恋愛など、エンターテインメントのあらゆる要素が詰まった新冒険活劇。7月11日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top