「OVERTURE」第3号はエビ中大特集 乃木坂46特集では乃木團と綾小路翔が初セッション

ファッション×アイドルカルチャーをコンセプトとする新しい切り口のカルチャー誌「OVERTURE」の第3号が本日6月19日に発売された。


「OVERTURE」第3号表紙

「OVERTURE」第3号表紙

これまでの男性目線一辺倒のアイドル誌とは一線を画し、“今までにないアイドル誌”をテーマに、さまざまな角度からアイドルカルチャーにアプローチしていく同誌。
第3号の表紙と巻頭特集を飾るのは6月17日に8thシングル『夏だぜジョニー』をリリースした私立恵比寿中学。8人のこれまでに見たことのない姿を届ける誌上ファッションショーをはじめ、メンバーの私服公開やテーマ別インタビュー、 MV撮影密着など、計30ページにおよぶ大特集となっている。

乃木坂46の特集では昨年4月に開催された『極東ロックンロールハイスクール 第弐章』 第34戦にて、中元日芽香(Vo.)、能條愛未(Vo.)、深川麻衣(Gt.)、齋藤飛鳥(Dr.)らによって結成されたグループ内バンド・乃木團と氣志團の綾小路翔が初セッション。
そのほか、橋本奈々未のグラビア、肩出しファッションや幼少期写真などから紐解く「秋元真夏」特集、乃木坂46のミュージックビデオなどを手掛けた湯浅弘章らのインタビューで紡ぎ出す「乃木坂の映像」と、4本立ての特集となっている。

ほかにも、モーニング娘。’15、アンジュルム、こぶしファクトリーが登場する「ハロー!プロジェクト」特集や、日本を代表する3人のコレオグラファー(振付師)が、現在のアイドル振り付けシーンについて語る「振付とアイドル」など、読み応えたっぷりの特集が組まれている。

■OVERTUREオフィシャルTwitter:https://twitter.com/OVERTURE_mag


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top