三代目JSB・山下健二郎、若者中心に読書の楽しさ伝える

山下健二郎(三代目J Soul Brothers)

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー・山下健二郎が、6月25日から9月30日まで全国約5500軒の書店にて展開される、集英社文庫「ナツイチ2015」キャンペーンのメインキャラクターに就任することが発表された。


集英社文庫「ナツイチ」キャンペーンは、1991年から「夏休みに一冊本を読もう」という目的で、中学生・高校生への読書の入り口として始まり、今年25回目を迎える。これまでイメージキャラクターには、広末涼子、玉木宏、佐藤隆太、蒼井優、武井咲、剛力彩芽といった夏らしい爽やかさを感じさせるタレントが抜擢されてきた。

キャンペーン担当者は「今回、山下健二郎さんにメインキャラクターにご就任いただければ、若い人々を中心に、より幅広い層に、読書の楽しさや喜びを伝え、本に触れる機会を増やしてもらえると確信し、お願いいたしました」と、起用の理由を説明している。

本人は「全国の書店にポスターや映像を流させて頂くと思いますが、山下健二郎としてまた違う一面を見て頂いて、そして、若者の読書離れがありますが、また改めて文庫本や本の素晴らしさを伝えられたらと思っています」とコメント。

今年の「ナツイチ2015」キャンペーンのコンセプトは「踊れ、ココロ。ナツイチ」ということで、集英社文庫HP特設サイトには山下健二郎が出演する超短編映画などが公開される予定。
書店では、フェア対象の集英社文庫を1冊購入すると、「ナツイチ2015」限定のシリコン製しおり「“踊る”しおり」をプレゼント。さらに「山下健二郎 直筆サイン入り“特大ポスター広告”」も抽選で50名にプレゼントされる。(対象本購入者が応募・抽選)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top