dTVオリジナル「進撃の巨人」8.15配信スタート 主題歌は和楽器バンドが書き下ろし

今夏2部作連続公開される実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と完全連動したドラマ「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」が映像配信サービス・dTVで8月15日より配信される。


dTVオリジナル「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」は、映画では描ききれなかった“人類存亡をかけた巨人との闘い”に挑む兵士たちの姿を描いた作品。
兵器隊長・ハンジを演じる石原さとみをはじめ、桜庭ななみ(サシャ)、渡部秀(フクシ)、武田梨奈(リル)ら実写版映画にも出演する豪華キャスト陣が再集結するほか、平岡祐太が演じる新キャラクター・イズルなどドラマ版ならではの見どころも。
ハンジの“巨人研究”に隠されたある秘密や、立体機動装置の発明秘話など、映画を見る上でも欠かせないエピソードが全3話で描かれる。

和楽器バンド

和楽器バンド

そんな本作の主題歌を和楽器とロックバンドを融合した新感覚ロックエンタテインメントバンド、和楽器バンドが担当することが決定した。
箏や津軽三味線など「和」を取り入れた斬新な音楽が国内外で高い評価を受けている彼らは今回、本作の世界観をもとに歌詞を書き下ろし。物語で描かれる兵士たちの巨人に対する闘争心が込められた、パワフルで疾走感のある主題歌「反撃の刃」を完成させた。
なお、同楽曲は和楽器バンドが9月2日にリリースするニューアルバム「八奏絵巻」に収録される。

和楽器バンド メンバーコメント

■鈴華ゆう子(Vocal)
今回私達和楽器バンドに主題歌のお話を頂き、最初に聞いた時はひっくり返るかと思いました(笑)。
というのも、進撃の巨人はマンガとして1巻目が出版される前から話題になっていたので、待ちに待って発売日に買ったことを今でもよく覚えていますし、当時から全て買って読んでいました。
メンバーも皆、元々ファンであり、今回のお話をいただいた時は大変光栄でした。
この作品が実写化されるという事自体も驚きでしたが、そこに和楽器バンドのサウンドでどのように世界観を作り出す事ができるか、改めて作品についてメンバーと熱く語ったものです。
作品に対する8人の愛を込めて表現しました。
新しい和楽器バンド像も実感して頂けると思います!

■町屋(Guitar)
この度は主題歌、「反撃の刃」の作詞作曲を担当させていただきまして誠に光栄に思っております。 僕自身も進撃の巨人シリーズのファンの一人ですので和楽器バンドとしてどのようなサウンドで皆様の元に届けるべきか多少の試行錯誤もしましたが、作品の世界観が身体に染み付いているので、自然と作曲することが出来ました。 実は「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」という作品タイトルを知ったのは 楽曲タイトルを「反撃の刃」と名付けた後でした。 偶然か、必然か「反撃」というワードがクロスオーバーしたのも感慨深いです。 和楽器と軽音楽にクラシカルなアレンジやサウンドを取り入れた新たな発想が生まれたのではないかと思っています。 末永く多くの方々に愛される楽曲となりますように。

dTVオリジナル「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」

更新日:2015年8月15日(土)
配信話数:全三話 / 約30分
原作:諫山創「進撃の巨人」(講談社「別冊少年マガジン」にて連載中)
出演:石原さとみ、桜庭ななみ、渡部秀、武田梨奈、神尾佑、水崎綾女/平岡祐太
主題歌:和楽器バンド「反撃の刃」作詞・作曲:町屋
総監督数:樋口真嗣
監督:足立公良(第一話)、尾上克郎(第二話)、西村喜廣(第三話)
脚本:渡辺雄介
dTV「進撃の巨人」URL:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0000778
©諫山創・講談社/BeeTV

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top