大ヒットシリーズ「ハンガー・ゲーム」完結へ 第1弾ビジュアルと最新映像が到着

『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』

11月20日に全世界同時公開となる人気シリーズ『ハンガー・ゲーム』の完結編『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』の第1弾ビジュアルと映像が公開された。


究極のサバイバル・ゲームで幕を開けたシリーズは、国家と反乱軍の大地を揺るがす全面戦争へと発展。最終章の前編『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』では、政府の見せしめのための爆撃により、瓦礫の山となった故郷を目の当たりにしたカットニス(ジェニファー・ローレンス)が、民衆の心をひとつにするための革命のシンボル=マネシカケスとなり、反乱軍のリーダーとして独裁国家に立ち向かうことを決意した。

このほど到着したビジュアルは、『~レジスタンス』公開前に到着したものと大きく印象が異なり、戦いの激しさを予感させる衝撃的なものだ。
以前のものは、パネムを治める最高権力者スノー大統領(ドナルド・サザーランド)の両脇に第75回ハンガー・ゲーム記念大会に出場し、人質として捕らわれたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)とジョアンナ(ジェナ・マローン)が立っているのに対し、今回到着したものは、人質として捕らわれた2人の姿が消え、スノー大統領の像がバラバラになり背後の壁にはマネシカケスが描かれている。

映像では、大勢の反乱軍が団結していることがわかるシーンやカットニスとピータの再会、そしてダイナミックな爆発や戦闘シーンも描かれ、壮大にして感動的なフィナーレに期待が高まる。
しかし、映像の終盤ではカットニスとともに記念大会から救出されたフィニック(サム・クラフリン)から「第76回ハンガー・ゲーム開催だな」という意味深なセリフも飛び出し、再びあのサバイバル・ゲームが開催されるのか想像が膨らむものとなっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top