佐藤健×神木隆之介「バクマン。」主題歌&映画音楽をサカナクションが担当

10月3日に公開される佐藤健神木隆之介主演映画『バクマン。』の主題歌および映画音楽をサカナクションが担当することが1日、発表された。


「バクマン。」ポスタービジュアル

「バクマン。」ポスタービジュアル

主題歌となる「新宝島」は、ジャンプの頂点を目指す二人の高校生漫画家を描いた映画『バクマン。』からインスパイアされ、「線を描く」がテーマ。「丁寧に描くよ」と歌う歌詞は、音楽家として「モノを作る苦しみ」に深く共鳴したが故に生まれた。

週刊少年ジャンプ連載を目指す2人の高校生漫画家の成長、戦い、友情、そして恋愛といった青春を描く本作。
主題歌となる「新宝島」は力強いアッパーなロックチューン。楽曲のタイトルは、手塚治虫が1947年に発表した同名の漫画からつけられた。「線を描く」をテーマとしており、「丁寧に描くよ」と歌う歌詞は、音楽家として「モノを作る苦しみ」に深く共鳴したが故に生まれたという。

サカナクション

サカナクション

「音楽と映画が密接に結び付いた、今まで見たことのないような新しいジャンルの音楽映画が作りたい」という思いから主題歌・劇伴(劇中音楽)ともにサカナクションへのオファーした大根仁監督。
「映画『バクマン。』の企画が立ち上がったとき、内容よりもキャストよりも真っ先に思いついたのは、サカナクションに音楽を担当してもらうことでした。そしてその直感は、映画が完成した今、まったく間違っていなかった。劇中音楽はもちろん、主題歌も、映画の空気に見事に溶け込み、世界観を作り上げています」と、サカナクションの音楽に太鼓判を押す。

映画音楽全般をサカナクションが担当するのは本作が初めてのこと。サカナクションの山口一郎は、「今回のお話を頂いたとき、大根監督は音楽やカルチャー全般に対する感覚が似ている”同じ種族”の方なので、面白いものが作れるんじゃないかなと思いました。劇伴に関してはバンドとしては初めてのトライでしたが、映画全編にわたってずっと音楽を鳴らしたいという大根監督のイメージにしっかりと寄り添える仕上がりになったと思います」と語っている。

なお、主題歌発表にあわせて7月11日より全国の劇場に掲示される本作のポスタービジュアルも解禁されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top