有村架純、連続ドラマ初主演 深海の謎に挑む

女優の有村架純が10月より放送スタートするWOWOWの土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 海に降る」に主演することが発表された。有村の連続ドラマ主演は本作が初となる。


本作は朱野帰子による同名小説が原作の、海洋科学に関する研究機関、JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台にした壮大なヒューマンドラマ。
有村は組織の中で奮闘し、亡き父の遺志を受け継ぎ、深海の謎に命を懸けて臨む有人潜水調査船「しんかい6500」の女性パイロット・天谷深雪を演じる。

有村架純主演「海に降る」メインビジュアル

有村架純主演「海に降る」メインビジュアル

「台本を初めて読んだとき、心臓がドキドキというよりもバクバクしました」と興奮を語る有村。 「初めての連続ドラマの主演という大役を頂き、不安や戸惑いはありますが、 男社会の厳しい環境の中で立っている深雪のように、 私も甘えることなく、強くたくましく演じられたらと思います」と意気込む。

原作者の朱野帰子は「実はドラマ化のお話をいただいたときから『深雪が有村架純さんだったらいいな……』とだいそれた野望を抱いておりました」と明かす。「愛らしさと、凛々しい雰囲気とが同居している感じが、本物の“しんかい6500”の女性コパイロットの方と似ているな、と思っていたからです。なので、有村さんに決まったと伺ったときは心のなかでガッツポーズをとってしまいました。潜航服姿を拝見するのがとても楽しみです」と期待を寄せている。

ドラマではJAMSTECの全面協力を得て、2014年に完成25周年を迎えた有人潜水調査船「しんかい6500」をはじめとした潜水船、研究船で撮影を行ない、「リアルな深海世界」「海洋科学技術の最先端」を圧倒的なリアリティで描く。
また、「しんかい6500」に撮影クルーが搭乗し、沖縄本島近海、水深1500mでの撮影を敢行。前代未聞の神秘的な深海の映像美もドラマの見どころとなっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top