山本美月、“ポケモンおんがくたい”のリードボーカルに リトグリのED曲をカバー

ポケモン映画シリーズ18作目となる『ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」同時上映「ピカチュウとポケモンおんがくたい」』で短編ナレーションを担当する山本美月が、劇中で繰り広げられるポケモンたちの大合唱にリードボーカルとして参加していることが明らかとなった。


“世界初!ポケモンの鳴き声による大合唱”と伝えられていた短編で山本が歌声を披露しているのは、現在オンエア中のテレビアニメのエンディング曲である、ポケモンたちが愛らしいダンスを繰り広げることで話題の「ガオガオ・オールスター」(歌:Little Glee Monster)。
今作のテーマ曲として起用されており、とても明るく、歌いだすと元気になれる曲を物語の中で山本が見事にカバーしている。

本作でアニメのナレーション初挑戦にとどまらず、同時にアニメ作品での歌唱にも初挑戦となった山本は、「歌うことが元々苦手だったので、今回ナレーションの中で歌うと聞いた時はどうなるかと思ったんですけど、私なりに精一杯頑張りました。子どもたちに向けて歌のお姉さんになったつもりで歌ったので、一緒に歌ってもらえたら嬉しいです!」とコメント。

本作の浅井認エグゼティブプロデューサーは、「決め手は、ポケモン達の鳴き声とのマッチングです。実際の収録では、ナレーション・歌唱ともにパーフェクト。山本美月さんの声とポケモン達の鳴き声の相性は抜群で、これまでにない可愛さの相乗効果が生まれています。ぜひ、この劇場でしか体験できない特別な「山本美月&ポケモンおんがくたい」の合唱シーンを楽しみにしていてください!」と山本の歌声に太鼓判を押している。

『ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」同時上映「ピカチュウとポケモンおんがくたい」』は7月18日公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top