大島優子、艶やか浴衣姿で登場 お気に入りクリームパンダと初対面

映画『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』が4日、公開初日を迎え、都内で行われた初日舞台挨拶に本作で声優を務めた大島優子が登壇した。


舞台挨拶にはアンパンマンの声優・戸田恵子とばいきんまんの声優・中尾隆聖も出席。3人そろって浴衣姿を披露した。

「アンパンマン」に登場するキャラクターの“クリームパンダ”が好きという大島は、この日念願の初対面が実現。「アンパンマンに憧れているというところがいいなと思って。憧れの人がいるというのは素晴らしいこと。そしてアンパンマンのように優しいし、ちょっと泣き虫なんですけど、そんなところも可愛い」と同キャラクターの好きなところを説明しつつ、「もうちょっと小さいかなと思った」と本音を漏らして会場の笑いを誘っていた。

本作はアンパンマンの映画シリーズ第27弾。大島は映画に登場する新キャラクター、キュートで元気なランプの精霊の女の子・ミージャの声を演じる。
魔法のランプの精霊・ミージャは、ある日、クリームパンダとコキンちゃんとランプの世界に入りこむが、ミージャの腕輪が壊れてしまい、もとの世界に戻れなくなってしまう。3人は腕輪を直すため力を合わせて遠い魔法の泉を目指すというストーリー。

大島は「ミージャもアンパンマン同様、皆さんに好きになってもらえたら嬉しいです」と会場の子どもたちにアピールすると、戸田と中尾がそれぞれアンパンマン、ばいきんまんの声で挨拶したことを受けて、「流れ的に、言ったほうがいいですかね?」と切り出し、劇中のミージャのセリフも披露した。

イベントでは『それいけ!アンパンマン』の主題歌『アンパンマンのマーチ』でおなじみの双子姉妹ユニット・ドリーミングと、“映画シリーズ第27弾”とかけて27人の子どもたちが登壇し、同時上映のテーマ曲でドリーミングの歌う「アンパンマン音頭」を声優陣と子どもたちが一緒に踊る企画も。
大島は「みんなすごいちゃんと踊ってました。可愛かった」と頬をゆるめていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top