トリンドル&篠田麻里子&真野恵里菜、公開初日に感慨「うるうるしてました」

映画『リアル鬼ごっこ』が11日、公開初日を迎え、トリプルヒロインを演じるトリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜の3人と園子温監督が都内で舞台挨拶を行った。


舞台挨拶前には客席で観客と一緒に映画を観賞していた3人。
篠田は「観ていて震えが止まらなくて、エンドロールで自分の名前が出てくる時に、『ああ、やっと初日を迎えられたんだな』っていう嬉しさと、やっと旅立ったというか、やっと皆さんに観ていただけるんだと実感しました」と感無量の様子。
真野は「公開初日に客席で自分の名前がエンドロールで流れる瞬間を初めて見れて、『あ、どうしよう泣きそう』と思って横を見たら、トリちゃんも麻里子様も(涙をこらえて)上を向いてた」と笑いながら、「この作品の一部になれて、とても幸せです」と喜びを噛み締める。
真野の言葉を受けて、トリンドルも「そうなんです。うるうるしてました」と照れ笑いを浮かべていた。

監督に言われて印象的だった言葉を聞かれたトリンドルは「もっとパッションを!」と回答。篠田は「いつも『篠田さん』って呼んでたのが、急にその日だけ『まりちゃん』って呼んでくれて、それがすごい印象に残ってます。ドキッとして1日中忘れられなかったですね」と撮影期間中のエピソードを披露。園監督はよく覚えていないようで、「何かあったのかね?」と他人事のように首を傾げていた。

瓦割りに挑戦した3人

瓦割りに挑戦した3人

舞台挨拶では本作の大ヒットを祈願して、3人が瓦割りに挑戦。縁起の良い末広がり、そして襲ってくる鬼をやっつ(8つ)ける、という意味を込めて、一番上の一枚には「鬼」の文字が描かれた瓦が8枚用意された。
観客の「リアル鬼ごっこ大ヒット!」の掛け声で見事全員が8枚の瓦割りを成功させると、初めて瓦割りに挑戦したトリンドルは「痛かった」と率直な感想。篠田は「8枚割ったのは初めてです。きれいに割れてよかった」といい、真野は「気持ち良かったです。スカッとしました」と笑顔を見せた。
瓦割りの様子を傍で見ていた園監督は「割れないと思ってたけど、すごい。みんな力あるんだなと怖くなりました」といって会場の笑いを誘っていた。

映画は2001年に発刊され、爆発的なブームを巻き起こした同名小説が原作。原作では“全国の佐藤さん”が鬼に狙われるが、本作では園子温監督によるオリジナル脚本により、“全国のJK(女子高生)”がターゲットとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top