AKB島崎遥香主演「劇場霊」予告編解禁 初出しの場面写真も

伝説のホラー映画『女優霊』から20年、その後も『リング』、『クロユリ団地』と傑作ホラーを生み出してきた中田秀夫監督の最新作『劇場霊』の予告編が14日、解禁された。


映画はAKB48島崎遥香を主演に迎え、嫉妬・憎しみ・怨念がうずまく閉ざされた“劇場”を舞台に巻き起こる、救いようのない惨劇を描く。

女貴族の生涯を描いた舞台に出演することになった島崎演じる若手女優・水樹沙羅。配役をめぐり女優同士の壮絶な争いが繰り広げられる中、小道具として使われる球体関節人形が持ち込まれてから劇場に異変が起こり始める。
スタッフの女性が変死を遂げ、続いて主演女優も不慮の事故で降板。そして代役として主役に抜擢された沙羅や他キャスト・スタッフにも、次々と恐怖の影が忍び寄る。
畳みかけるような戦慄のシーンの数々と、「全員死ぬまで終わらない」の文字、「ちょうだい」という人形の悲痛な叫び声によって、怖いもの見たさも加わり大いに興味をそそられること請け合い。主演の島崎や豪華共演キャストたちの恐怖に慄く表情も強く印象づけられる予告編となっている。

また、予告編解禁にあわせて初出しとなる場面写真3点も公開となった。

『劇場霊』は11月21日より全国で公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top