新垣結衣、日本テレビ「掟上今日子の備忘録」で2年半ぶり連続ドラマ主演

掟上今日子 / 新垣結衣

女優の新垣結衣が日本テレビ系10月期の連続ドラマ「掟上今日子の備忘録」で主演を務めることが明らかとなった。



新垣結衣の連続ドラマ主演はTBS日曜劇場「空飛ぶ広報室」(2013年4月14日〜6月23日放送)以来2年半ぶり。日本テレビの連続ドラマでは初主演となる。

ドラマは2014年10月に出版されたベストセラー作家・西尾維新の同名小説が原作。
新垣は、すべてを1日で忘れてしまうがゆえ、事件を(ほぼ)即日解決する最速の探偵・掟上今日子―またの名を、忘却探偵を演じる。

出演が決まり、原作を読んだ新垣は「今日子さんをはじめ登場人物のキャラクターがハッキリしていて一般的な推理ものとはひと味違う面白さがあり一気に読み進めました」と、作品にすっかり魅了された様子。
今回の役どころに「自身でさえも知り得ない今日子さんの過去の謎だったり、雰囲気と思考のギャップだったりが今日子さんの魅力だと思うので、それを出していけるように頑張ります」と意気込みを語っている。

また、日本テレビの番組プロデューサーは、主演を務める新垣について「『掟上今日子を実写化するならこの人しかいない!』という女優さんです。天使のような笑顔から、推理においての天才ぶり、時に見せる切ない表情など、このドラマで色んな魅力的な『新垣結衣=掟上今日子』をお届けしますので、ご期待ください!」とコメントしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top