三浦春馬&水原希子「進撃の巨人」ワールドプレミアで感激「泣きそうになりました」

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のワールドプレミアが14日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで行われた。


映画の都ハリウッドの中でも、伝統と格式のあるエジプシャンシアターでの開催となり、日本から主人公・エレン役の三浦春馬、ヒロイン・ミカサ役の水原希子、そして本作のメガホンをとった樋口真嗣監督が、ネオンサイン輝く華やかなハリウッド・ブルーバード通りに降り立った。
3人はエジプシャンシアターへと続く華やかなレッドカーペットを歩き、世界最速のプレミア上映をアメリカのファンとともに観賞。
上映前には舞台挨拶が実施され、三浦は現地のファンに向けて英語で「今日はここへ来られてとても光栄です。こうやって皆さんの前に立てることをとても嬉しく思っています。本当に素晴らしい光景です。スタッフもキャストもこの映画に人生を捧げました。みんなで精魂込めて作った作品ですので、是非お楽しみください」と緊張と興奮の面持ちで語った。

上映終了後には、映画の本場ハリウッドの映画ファンからもスタンディングオベーションで受け入れられ、笑顔を見せた3人。
三浦は「皆さんと一緒に映画をみて、そして、こうして温かく迎え入れて頂いていることにとても感動しています。撮影中は、僕だけじゃなく、スタッフ一同、本当に大変な日々を送っていので、こうして映画の本場ハリウッドの皆さんに評価していただけて、とても嬉しく思います。上映中、何度か泣きそうになりました。ここハリウッドの皆さんの反応をみて、日本の皆さんにも、楽しんで頂ける作品になっていると確信しました」と万感の思い。
観客のスタンディングオベーションには水原も「もう言葉が出てこないくらい、感動しています。自分が、こんなに感動するタイプではないと思っていたので、そんな自分にも驚いているし、今日は、最高の日になりました!」と感無量の様子だった。

また、樋口真嗣監督も「実は、ここロサンゼルスでワールドプレミア上映をする意図がよくわかっていなかったんですが(笑)、いま、皆さんの歓声をいただいて、ようやく、ここでワールドプレミアをする意味がわかったような気がします。進撃の大ファンであり、映画を楽しむことをよく知っている皆さんの反応が素晴らしかったし、とても嬉しく思っています」とアメリカの観客の反応を喜んだ。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は8月1日全国公開。また、世界63の国と地域での配給も決定した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top