ディズニー/ピクサーの次回作は恐竜と人間が共存する世界 2016年3月公開決定

ピクサー最高傑作との呼び声から早くもアカデミー賞本命とも目される『インサイド・ヘッド』の日本公開を7月18日に控えるディズニー/ピクサーの次回作“Good Dinosaur”の邦題が『アーロと少年』に決まり、あわせて公開日が2016年3月12日(土)に決定したことが発表された。



「アーロと少年」長編第16作目となる本作では、かつてないスケールで驚きの世界が描かれる。
「もしも、隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら?」――そこは、絶滅をまぬがれ文明と言葉をもつ恐竜たちが、言葉をもたない人間たちと共存する地球。
体は大きいが臆病で甘えん坊の恐竜アーロと、言葉を持たない一人ぼっちの少年、スポットが出会う。壮大な自然を舞台に、見た目も性格も正反対なひとりぼっちの同士の2人の出会いから始まるアドベンチャーが、世界中をいまだかつてない感動と興奮で包み込む。

『トイ・ストーリー』のおもちゃの世界、『モンスターズ・インク』のモンスターの世界に、『ファインディング・ニモ』の海の中の世界など、イマジネーションあふれる夢の世界を描いてきたディズニー/ピクサーの次回作『アーロと少年』に期待が高まる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top