実写映画「進撃の巨人」完成披露で三浦春馬ら豪華キャスト集結 それぞれが撮影を振り返る

『進撃の巨人 -ATTACK ON TITAN-』完成披露ジャパンプレミア

映画『進撃の巨人 -ATTACK ON TITAN-』の完成披露ジャパンプレミアが21日、都内で行われ、豪華キャストと樋口真嗣監督が舞台挨拶を行った。


主人公のエレンを演じた三浦春馬は、会場に集まった4000人の観客を前に「いま日本で最も有名、そして力を持っている『進撃の巨人』を原作に、実写版を撮らせていただけること、そして主演として参加させていただけたこと本当に感謝しております」と挨拶。「これから見ていただく作品は最先端の特撮とVFXの見事なハイブリッド映像になっています。すさまじい映像をお届けすることができると思います」と完成した作品に自信をのぞかせた。

150721shingeki12舞台挨拶には三浦春馬のほか、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、そして樋口監督の11人が登壇。

映画のオリジナルキャラクターで人類最強の男・シキシマを演じた長谷川は、キャストの中で一番初めに立体機動装置で飛ぶシーンを撮影したことに触れ、「みんながロープを持って引っ張って、飛んだ途端に一瞬手を放してフワ〜っと落ちていくんですね。恐ろしくて死にそうになりました」と振り返ると、三浦春馬が「20メートル上で叫んでらっしゃったので、それまですごく寡黙な長谷川さんが『ファ〜!』って言ってるから『こういう一面もあるんだ、話しやすそうな人だな』と思った」と明かして会場を笑わせた。

ハンジ役の石原さとみは砂やホコリの中での撮影を振り返り、「『失恋ショコラティエ』のドラマが終わった直後にクランク・インしたので、真逆の役を演じられて吹っ切れた。髪の毛もトリートメントをしてキレイだったんですけど、ハンジというキャラクターはボサボサしてなきゃいけなかったので、あえてダメージを与えたりとか、口を開けて叫ぶシーンは砂とか砂利とかが口に入るので毎回うがいをしてました」と苦労を明かした。

主人公のエレンを演じた三浦春馬は「撮影が始まる前に監督から『これを見て役作りに活かしてほしい』とDVDを3本渡されたんです。『時計じかけのオレンジ』『シャイン』『クロニクル』だったんですけど、何回見ても『進撃の巨人』の世界観とマッチしない。理解するのが難しかった」と告白。「ずっと黙ってました。素直になれなくてすみませんでした」と監督に頭を下げると、樋口監督は「DVDを返してもらった時に一緒についてたクッキーがすごい美味しかった」と話して場を和ませていた。

映画は全世界累計発行部数が5000万部を突破した人気コミックを樋口真嗣監督が各分野最高峰のスタッフ、豪華俳優陣を迎え実写化。
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日、後篇となる『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD』は9月19日、全国東宝系にて公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top