藤原竜也&有村架純「僕だけがいない街」実写映画化で初共演

藤原竜也×有村架純「僕だけがいない街」

三部けいによる人気漫画「僕だけがいない街」が、主演・藤原竜也、ヒロイン・有村架純で映画化されることが決定した。



本作は売れない漫画家でごく普通のフリーターの藤沼悟が、自身の意図とは無関係に「時空移動=タイムリープ」する謎の特殊な現象“再上映(リバイバル)”により、18年前の小学生の頃に起きた児童連続誘拐事件の真犯人と、その凶刃に倒れた母を救うため、大人のマインドを持ったまま小学生の「過去」をやり直し、現在と過去に起こる事件の謎を解き明かしていく新感覚ミステリー。
幼少期の辛い記憶と、当時は気づくことのできなかった母親の深い愛情、そして傷つくまいと自ら距離を取っていたクラスメートの優しさに触れることによって生まれる新たな友情とが、新しい記憶となって塗り替えられていく、ただのミステリーにとどまらない、優しさとせつなさに満ち溢れた作品。

藤原竜也がタイムリープを武器に連続誘拐事件の凶悪犯に迫る主人公・藤沼悟を、有村架純が悟の同僚で彼に心を開くきっかけを与えるヒロイン・片桐愛梨を演じる。
若手実力派として様々な作品に引っ張りだこの2人だが、共演は今回が初。有村との共演について藤原は、「大活躍の有村架純さんとの初共演、非常に楽しみにしております。若く才能のある方と組ませていただけることが、今の自分にとって大きな刺激になると思います。」とコメントすると、有村も「お芝居への熱量がすごく大きな方。私もそんな方の近くで刺激をもらいながらぶつかっていけたらと思います。」と、お互い初共演に期待を寄せている。

藤原は「“時間を行き来する”特殊な現象に巻き込まれた主人公・悟の複雑な心情をどう演じようか、今から考え始めています。」とすでに役作りに余念がない様子を見せ、有村も「原作の世界観を壊さないよう、お芝居を取り組めたらと思います。私が演じる愛梨が大切にしなければいけないことは、藤原さん演じる悟に全力で寄り添うことかなと思いました。信じる力を大切に、愛梨を大切に、演じられればと思います。」と全力投球を誓った。

そのほか、悟の母・藤沼佐知子役に石田ゆり子、そして不敵な笑みを絶やさない悟の小学校の教師・八代学役には及川光博が決定。そして映画『ツナグ』でその手腕が高く評価された平川雄一朗監督がメガホンを取る。
映画『僕だけがいない街』は2016年春、全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top