木村拓哉、台湾観光局CMで名匠ジョン・ウー監督とタッグ

SMAPの木村拓哉と「ミッション:インポッシブル2」や「レッドクリフ」で知られる名匠ジョン・ウー監督によるタッグが台湾観光局のCM撮影で実現した。

絶大な人気の木村拓哉と世界的名匠のジョン・ウー監督のタッグには担当者も「ダメでもともとという気持ち」でオファーしたそうだが、監督自身もかねてから木村に注目していたそうで、それぞれがお互いに対する強いリスペクトによって夢の企画の実現に至った。

「I Love Taiwan」キャンペーンの一環として考案されたCMのコンセプトは、「日本から近く、いつでも遊びに行ける台湾」。
撮影はすべて台湾で行われ、木村はデビュー以来初めての台湾入り。空港ロビーはその姿をひと目見ようと集まったファンとメディアで埋め尽くされ、現地の人々から熱烈な歓迎を受けた木村は「台湾の皆さんの熱く、ハートフルな歓迎には驚いたけど、嬉しかったですね」と感激した様子を見せた。

ジョン・ウー監督ならではのモンタージュ手法を駆使した本CMは、木村拓哉が台湾と日本を行ったり来たりするといった内容。レストランで小籠包を食べるシーンではエキストラの皿を積み上げるタイミングが難しく、14テイクもチャレンジすることになったが、「この小籠包は本当に上手い!」と、14個目の小籠包もペロッとたいらげてみせた。

初日の撮影終了後に屋外で行われたインタビューでは突然の大雨に見舞われたが、木村自ら傘を持ち、ジョン・ウー監督と相合傘のかたちでインタビューが続けられ、これにはさすがの名匠も照れた様子。
木村は「僕も俳優として現場好きなほうですが、 監督の現場に密にいらっしゃる姿に感動しました。今回は『I Love Taiwan』のCMの撮影でしたが、もし機会があったら、また違う作品でも、“現場好き同士”で先輩の背中を見ながら勉強したいと思います」とジョン・ウー監督との初めての仕事に刺激を受けたようで、一方のジョン・ウー監督も「今回のタッグが実現できて本当に嬉しいですね。仲のいい友達ができたような気がする。このCMのテーマは、台湾は友達が好きであること。木村さんを撮ることは私の願いでもあったので、私にとっても、とても楽しい経験となりました」と撮影を振り返った。

台湾×ジョン・ウー監督×木村拓哉のCMは2015年10月放送予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top