ユニゾン、初武道館ワンマンで1万2500人を魅了

UNISON SQUARE GARDENが24日、東京・日本武道館で初ワンマンライブ「UNISON SQUARE GARDEN LIVE SPECIAL “fun time 724”」を開催した。


発売と同時に即ソールドアウトとなった本公演には約1万2500人のファンが集結し、アリーナ北側にステージを設置する形態では最大規模の動員となった。

「誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと」からライブをスタートさせると、今月22日にリリースされたばかりのバンド結成10周年記念アルバム「DUGOUT ACCIDENT」に収められた“UNISON SQUARE GARDENがライブで勝ってきた曲”や、ライブで演奏するのは久々の楽曲など、結成から11年間で練り上げてきたナンバーを矢継ぎ早にプレイ。
「リニアブルーを聴きながら」「スカースデイル」「シュガーソングとビターステップ」などのシングル曲ではイントロからオーディエンスの驚喜の歓声が沸き起こった。
「天国と地獄」ではパイロから火柱が立ち上り、「場違いハミングバード」では曲のリズムに合わせて音玉が鳴り響くなど、普段の公演とはひと味違った特効もステージに華を添えた。
また、後半「シャンデ リア・ワルツ」のあとで展開されたユニゾン恒例の鈴木貴雄(Dr)によるドラムソロではドラム台が上昇。さらにその後のバンドセッションでは、斎藤宏介(Vo, G)と田淵智也(B)も奈落からリフトアップで登場し、ファンをあっと驚かせた。

UNISON SQUARE GARDENはこの日、アンコールを含め全26曲を披露。彼らのライブの楽しさを凝縮したようなステージで、初武道館ワンマンを大成功に終えた。

セットリスト

UNISON SQUARE GARDEN LIVE SPECIAL “fun time 724”
2015年7月24日(金) 東京都 日本武道館
01. 誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
02. リニアブルーを聴きながら
03. MR.アンディ
04. ため息shooting the MOON
05. マスターボリューム
06. サンポサキマイライフ
07. ワールドワイド・スーパーガール
08. like coffeeのおまじない
09. スカースデイル
10. シュガーソングとビターステップ 11. 23:25
12. 天国と地獄
13. プログラムcontinued
14. 光のどけき春の日に
15. クローバー
16. harmonized finale
17. シュプレヒコール~世界が終わる前に~
18. 桜のあと (all quartets lead to the?)
19. 徹頭徹尾夜な夜なドライブ
20. シャンデリア・ワルツ
21. 場違いハミングバード
22. ガリレオのショーケース
23. センチメンタルピリオド

EN01. 3 minutes replay
EN02. kid, I like quartet
EN03. フルカラープログラム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top