中田ヤスタカプロデュース・三戸なつめの新曲が「ピクセル」日本語吹替版主題歌に

三戸なつめの新曲「8ビットボーイ」が9月12日公開のハリウッド映画「ピクセル」の日本語吹替版主題歌に決定した。


三戸なつめ×ピクセル映画はパックマン、ドンキーコング、ギャラガ、スペースインベーダーといった、1980年代に全世界で愛された日本生まれのゲームキャラクターたちが、ドット絵を立体にしたような姿で地球を侵略してくるという奇想天外なストーリー。
先週末7月24日に全米ほか世界57マーケットで公開され、各国で初登場No.1大ヒットとなった。

今回、日本語吹替版の主題歌に決定した「8ビットボーイ」は中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによる三戸なつめのセカンドシングル。タイトル通り、80年代ゲームサウンドを彷彿とさせる軽快なメロディに彼女の歌声が見事にマッチした楽曲となっている。
シングルは9月16日に発売が決定しており、まもなくPVも解禁される予定。

今回のコラボレーションについて三戸は「初めてのハリウッド作品とのコラボにビックリ!曲とエンディング映像がバッチリなので是非劇場まで遊びに来てください」とアピールしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top