西条美咲、7冊目の写真集は厳冬の北海道で生命の力強さとファンタジックな世界観を表現

厳冬の北海道・帯広&十勝平野で撮影された女優・西条美咲の7冊目の写真集『SNOW KINGDOM』が本日7月28日に発売された。


西条美咲「SNOW KINGDOM」

西条美咲「SNOW KINGDOM」

最高気温がマイナス13度、風と雪で簡単にホワイトアウトしてしまう過酷な環境で撮影された今作は、カメラマンを帯広親善大使でもある山岸伸、ヘアメイクをドーリーメイクの第一人者・双木昭夫が手掛けた。

マイナス13度以下の世界では、寒さは単に体感のものではなくなり、精神に影響して人間の感覚を鈍らせ、意欲を奪ってしまう。カメラマンの山岸伸は、シャッターチャンスだと頭が判断した瞬間にボタンを押すのが困難だったと振り返った。

それでもスタッフは厚手のジャケットやブーツなど、完全装備で臨むが、モデルの西条美咲は常に薄着、時には裸同然の姿で長時間いなければならず、極限の寒さは西条の血管を収縮させ、肌は赤くなり、やがて純白になり、そして西条美咲が動けなくなってスタッフに抱えられたことも度々あったということだ。
「死と隣り合わせの状況の中でこそ表される生命の力強さやゴシックホラーでファンタジックな世界観をご覧いただけます」と言う西条美咲渾身の一冊となっている。


■発売日:2015年7月28日
■発売場所:ローソン店頭、書店、アマゾン他
■ページ数:118ページ
■売価:500円税込み



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top