土屋太鳳×山崎賢人「orange」ポスタービジュアル解禁&公開日に向けて“未来への手紙”を投函

「orange」未来への手紙を書いた土屋と山崎

土屋太鳳と山崎賢人の“まれコンビ”で映画化されることが発表された『orange』のポスタービジュアルが解禁された。



映画は、土屋演じる女子高生・高宮菜穂が10年後の自分から届いた手紙をもとに、大切な人との未来を変えるために奮闘するというファンタジックな青春群像劇。

「orange」ポスタービジュアル

「orange」ポスタービジュアル

公開されたポスタービジュアルは26歳の菜穂と16歳の菜穂がベンチに佇む、まさに未来の自分から手紙が届くというストーリーを表現したもの。
原作でも特徴的な淡い色使いはそのままに、ファンタジックな世界観を再現。また土屋太鳳が優しさと温かみの溢れる16歳の菜穂と、過去を悔いて哀愁ただよう26歳の菜穂を見事に表現し、映像化への期待が膨らむビジュアルとなっている。

また、8月下旬のクランクインに先立ち、土屋と山﨑の2人が“公開初日のお互いに向けて手紙を書く”セレモニーを行った。
「今は伝えられないが、未来(映画の公開初日である12月12日)でなら、伝えられること」をそれぞれ手紙にしたため、封を閉じると、公開初日の12月12日にまでは誰も開封することのないよう、鍵の付いた“orangeポスト”へ投函した。
お互いに何を書いたのかを気にしながらも、笑顔で言葉を交わす2人は、公開初日が今から楽しみで仕方がないといった様子だった。

映画『orange』は現在「月刊アクション」(双葉社)にて連載中、コミックス既刊4巻で160万部を突破した同名の人気漫画が原作。土屋、山崎のほか、竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみとフレッシュなキャストが集結。長編映画初挑戦となる橋本光二郎がメガホンをとる。12月12日全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top