[Interview] 乃木坂46・生駒里奈、10代最後で映画初主演「20歳は次のステップに」

大ヒットホラーゲームを映画化した『コープスパーティー』(8月1日公開)に主演する、乃木坂46の生駒里奈。今年の12月に20歳を迎える生駒にとっては、本作が10代最初で最後の映画主演作となった。「経験豊富な役者さんの中で、演技未経験の私はどうすればいいのだろう?と悩んだけれど、完成した作品では、なんとか自分の演技を見ることができた」と生駒自身も手応えを感じ、胸をなで下ろしている。


学園を舞台にしたホラー作品だけに、劇中衣装は制服。「まだ10代だから、堂々と“制服を着ました”と言える」としつつも「今のところは制服が似合って見えるけれど、20歳を過ぎたら完璧にコスプレになってしまうのが寂しい」とポツリ。それでも大人の仲間入りが待ち遠しい様子で「20歳になったら、まずは中学時代からの親友2人とお酒を飲んでみたいですね。親友といると、乃木坂とは違う素の自分でいられる」と一人の女性として大人の実感を手に入れたい様子。

生駒里奈(乃木坂46)

生駒里奈(乃木坂46)

仕事面での変化もありそうだ。今年、生駒は乃木坂46として芸能界デビューから5年目に突入する。「20歳は次のステップに進む歳になるかもしれない。乃木坂での活動もしつつ、自分が本当にやりたい事を探してみるのもいいかもしれません。自分もこうやって表に出る側を経験したので、メイクさんとか裏方として支える側にも興味があります。まだまだ勉強できる年齢ではあるので、色々な可能性を模索していきたい」と進化と変化を口にする。

“生駒=号泣”というパブリックイメージも払拭したい。「秋田から出てきたデビュー当時は、右も左もわからなくて刺激も強過ぎたから感情が上手くコントロール出来なかった。最近はよほどのことがない限り泣いてはいないけれど、初期のイメージが強過ぎるみたいで……」と苦笑い。
ちなみに、その“よほどのこと”は『コープスパーティー』クランクイン直前に襲ってきた。

生駒里奈(乃木坂46)

生駒里奈(乃木坂46)

自分の演技に対する苦手意識が、涙腺を刺激してしまった。「撮影前日に乃木坂のミニライブのリハーサルをやっていたら、演技に対する不安が急に襲ってきて泣いてしまいました。でもその場にいた生田絵梨花ちゃんや伊藤万理華ちゃんとか演技経験のある子たちが『最初は誰でも出来ないもの。自分らしく気負わずに』と優しく背中を押してくれた」。仲間の後押しによって、不安の涙は決意の涙に代わり、「私に主演は務まらない」と思い込んでいたネガティブ・マインドは霧散した。

「演じる側ではなく見る側でいいと思っていた自分は消えて、こんなに大きなチャンスをいただけたのは奇跡だから、一か八かでやってみようと思うことが出来た」。そう腹をくくった生駒は、大役を見事に務め上げた。撮影を終えた今では「演技に対する否定的な考えはなくなりましたし、撮影終了がとても寂しかった」と充実した表情で「演技の勉強をして、もっと上手になって、もう一度挑戦してみたいという意欲も生まれました」と前向きだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top