有吉弘行、気心知れた小嶋陽菜に毒舌連発「いつもはもっとむくんでる」

『テッド2』日本語吹替公開アフレコイベントに登場した有吉弘行と小嶋陽菜

映画『テッド2』の日本語吹替を担当するお笑いタレントの有吉弘行が4日、都内スタジオで報道陣を前に公開アフレコに臨んだ。


映画は、見た目は愛くるしいテディベアだが中身は下品な中年オヤジという、斬新なキャラクター設定で世界中を爆笑させ、ヒットを記録した『テッド』の続編。有吉は前作に引き続き、主人公・テッドの声優を務める。
前作が予想以上のヒットを記録したことについて有吉は「意外や意外。単館でクソみたいに潰れていく映画だと思っていた」と早速毒を吐き、「勝ち馬に乗れたな」とドヤ顔を見せた。
続投決定については「吹替ってみんな見てるんですかね?基本みんな字幕で見てんだろうなと思ってるので、気は楽ですけどね」とコメント。MCから「『テッド』は相当吹替で観られている」と伝えられると、「そうですか。うーん、そうですかね?僕は絶対字幕派ですけどね」と訝しげだった。

公開アフレコ後には、先日「テッドもふもふファンクラブ代表」に就任したAKB48の小嶋陽菜も応援に駆けつけ、アフレコを終えた有吉にテッドのミニぬいぐるみが束ねられた花束ならぬ“クマ束”を贈呈。
受け取った有吉は喜びつつも「異常に重いですね。暑苦しいし、ホコリもすごい」と苦笑い。

小嶋から有吉へ“クマ束”が手渡された

小嶋から有吉へ“クマ束”が手渡された

TBSの深夜番組で長年に渡ってタッグを組んでいる2人。有吉も「よく仕事してるもんですからね、気楽でいいですよ」と小嶋のファンクラブ代表就任を喜びながら、トークでは得意の毒舌を連発。
前作を有吉の吹替で観たと小嶋が話すと「字幕は読めませんもんね。頭悪くて」と切り捨て、今回、小嶋の写真集を見たテッドが直々にファンクラブ代表をオファーしたと聞くと、「あのー、エロ本というか。お尻がいっぱい出てるやつ」といって、小嶋から「写真集です」とツッコまれていた。

この日はテッドの妻・タミ=リンのバイト衣裳に扮してワンピース&エプロン姿で登場した小嶋。有吉が「いつもはもうちょっとむくんでますけどね。今日はやっぱり調整してきたなっていう感じしますね」と感想を述べると、小嶋も「気合い入れてきました」と、照れ笑い。
有吉のアフレコ風景を見た小嶋は「感動しました。今でもテッドといるみたいな気持ちです」と半笑いで感想を述べ、有吉から「取ってつけたような…」とツッコまれていた。

映画『テッド2』は8月28日、全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top