三代目J Soul Brothers、約1年ぶりのバラード「Unfair World」MVはダンスもCGもなし

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが9月2日にリリースするニューシングル「Unfair World」のミュージックビデオが公開された。


シリーズ完結編となる映画『アンフェア the end』(9月5日公開)の主題歌でもある今作は、昨年10月にリリースされた「C.O.S.M.O.S.〜秋桜〜」以来、約1年ぶりとなるバラード作品。不安や悲しみによって揺れ動く心模様を表現した、儚くも強い、悲しくも愛おしい、そんな人間の心の光と闇が表現されている。

監督は『The Last Knights』(2015年11月公開)でハリウッド進出を果たした紀里谷和明監督。
「フェアではない世の中での“悲しみ”や“愛おしさ”」を表現したMVには、女性に起こっている不平等や不条理を感情に変換し届けたいという思いが込められている。
悲しみの感情を抱えている女性として浦浜アリサ、石井杏奈(E-girls)らが出演しており、三代目J Soul Brothersがその“守護神”を演じている。

見どころは何と言っても、メンバーの表情と表現力。普段はボーカル+ダンス、最先端のCG技術等を駆使している三代目J Soul Brothersのミュージックビデオだが、今作ではダンスもCGも一切なし。様々な感情を迫真の演技で表現している。

岩田剛典は「苦労したことは、剥き出しの感情を、撮影するシーンのみだけで無く、セットに入ってから撮影中ずっとキープすることでした」と振り返り、NAOTOは「今回監督から頂いたテーマは感情の剥き出しということで、撮影現場はかつてないほどに静まり返り、そこにいる全ての人が本気で作品と向き合い集中していました。その結果今まで見た事のないメンバーの表情などがこの作品では沢山含まれてますし、今の時代思い通りにならなかったり不公平な事が沢山ある中で生きている皆さんに対しての熱いメッセージも感じて頂けると思います」と完成した作品に自信をのぞかせる。
山下健二郎は「CGやダンスもない感情むき出しのみんなの内から溢れ出た表情を是非見てほしいです」とメッセージを寄せた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top