倖田來未の15周年イヤーに豪華アーティスト集結 「a-nation island」で夢の競演

倖田來未&AK-69

現在「a-nation island」を開催中の東京・国立代々木競技場第一体育館にて8月2日、歌手の倖田來未が自身プロデュースによる「a-nation island 〜Koda Kumi 15th Anniversary Premium Live〜」を行った。



本公演はタイトル通り、倖田來未のデビュー15周年を祝うプレミアムライブとして、過去に彼女とコラボレーションしたSean Paul、AK-69、Blistah、DJ HASEBE、TEEDA、Zeebra、SHOW、LISA、KM-MARKITら豪華アーティストが国内外から集結。一夜限りの夢の競演でファンを熱狂の渦に巻き込んだ。

ゴールドのアクセサリーが映える全身黒ずくめの衣装に身を包んで登場した倖田來未は、1曲目「Step Into My World」からライブをスタート。サングラスを外すと会場は大きな歓声に包まれ、「Are You Ready?」と観客を煽りながら「UNIVERSE」へと展開する。
そして早くも登場したのはジャパニーズ・ヒップホップ界の雄・AK-69。倖田とのコラボ曲「Bling Bling Bling feat. AK-69」を披露し、「こんな日がくるなんて…」と感慨深げ。AK-69はそのまま「IRON HORSE -No Mark- 」「START IT AGAIN」など全12曲をパフォーマンスした。

倖田來未&Sean Paul

倖田來未&Sean Paul

その後は圧巻のDJプレイを披露したDJ HASEBEを筆頭にMr.Blistah、KM-MARKIT、TEEDAが続々と登場。Mr.Blistahとは「超久しぶりじゃない?」「でもプライベートではBBQ行ったりしたね」などとプライベートでの交友関係を話し、和やかなムードに。TEEDAは夏にぴったりの爽快ハイテンションナンバー「Poppin’ love cocktail feat. TEEDA」で観客と一体となってタオルを振り回し、フロアを沸かせた。

そしてジャマイカから来日したSean Paulがステージに上がると場内は一気にレゲエの気分へ。倖田は夏らしい白のフリンジが施された衣装に着替え、2014年にリリースしたアルバム「Bon Voyage」に収録された「LOADED feat. Sean Paul」を力強く歌いあげると、フロアの熱気は一段とヒートアップ。Sean Paulはそのまま「Got 2 Luv U」など全8曲を披露した。

倖田來未&LISA

倖田來未&LISA

ライブの後半にはSHOW、Zeebra、LISAが登場。
「みんな一緒にー!わかるよねー!」と観客と一緒にリズムを合わせてクラップしながら「Twinkle feat. SHOW」をSHOWと一緒に熱唱すると、2006年にカバーしたSuger Soulの「今すぐ欲しい」をZeebra、DJ HASEBEとともに披露。a-nation初参戦となったZeebraは「調子はどうですか!? a-nation!!」と観客を煽り、DJ HASEBEと「Fire」など3曲を迫力あるパフォーマンスで繰り広げる。
「one feat. LISA」でコラボしたLISAには、倖田來未が「avexに入るきっかけをくれた人。本当にありがとう。」と15年前の想いを伝え、会場全体を感動で包み込んだ。
また、倖田自身も7月22日に発売されたばかりのアルバム「SUMMER of LOVE」から「EX TAPE」「HURRICANE」などの新曲や、「Once Again」「Lick me♥」を披露してファンを魅了した。

2008年のサマーソング「Lady Go!」でライブは終わりを迎えたが、興奮冷めやらぬファンは「Butterfly」の合唱で倖田來未を呼ぶ。その想いに応えて倖田は「アンコールありがとう!」と実妹・misonoを引き連れて登場。大歓声で迎えられた2人はトロッコでアリーナを周回しながら「Butterfly」から始まるメドレーをスタート。倖田來未のデビューシングル「TAKE BACK」、misonoのday after tomorrow時代のデビュー曲「faraway」、さらにmisonoがMe名義でBACK-ONとコラボした「with you feat. Me」と続き、倖田來未とmisonoのコラボ曲「It’s all Love!」で会場の熱気はピークに。
倖田來未は「みんな『くぅちゃん15周年おめでとう』って言ってくれるけど、みんなが居たからここまで来れた。本当にありがとう」とあらためてファンに感謝の気持ちを伝え、鳴り止まない歓声の中、ラストは「LALALALALA」で約4時間におよんだ一夜限りのプレミアムライブを締めくくった。

(取材/Raspberry)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top