AKB48高橋みなみが初ランウェイ こじはる&峯岸に見守られプレッシャーも「ベスト・ウィゴーズ」受賞

「NYLON JAPAN ✕ WEGO meets AKB48 produced by GirlsAward」でファションショーを披露したAKB48

AKB48の高橋みなみ、宮澤佐江、北原里英、木崎ゆりあ、阿部マリア、入山杏奈、加藤玲奈、田野優花、川本紗矢が6日、「a-nation island」会場内リゾートステージで開催された「NYLON JAPAN ✕ WEGO meets AKB48 produced by GirlsAward」に登場。華麗なファッションショーを繰り広げた。


「NYLON JAPAN」プロデュースによるコーディネートのファッションショーの後、WEGOの新作の中からメンバーそれぞれが着たい洋服を選んだ独自コーディネートでランウェイを歩いた9人。テーマは「この夏、好きな人と海にデートに行く時の勝負服。」
宮澤佐江は「年下の男の子がちょっと年上のお姉さんに憧れてデートに行ったよ、というイメージでちょっと大人っぽくシンプルな感じの洋服にしてみました」、北原里英は「“彼女”というところに重点をおいて女の子らしい格好。“可愛い”て思ってほしいなっていう気持ちを込めたコーディネート」と、それぞれこだわりのポイントを語った。

最後にはWEGOのプレス・登氏とNYLON JAPANの戸川編集長によって「ベスト・ウィゴーズ賞」と「ベスト・ナイロニスト賞」を選出。「ベスト・ウィゴーズ」には、「今WEGOのお店でもオフショルダーのトップスとガウチョパンツはすごく人気。フルーツモチーフの小物を入れてるのが上手」との理由で、この日がランウェイデビューとなった高橋みなみが輝やいた。
高橋は「努力は必ず報われる」と自身の名言で喜びを表現。さらに登氏から「ぜひWEGOとのコラボを」と企画を提案され、「いいんですか!?」と感激しきりだった。

一番「NYLON JAPAN」が似合う「ベスト・ナイロニスト賞」は9人全員に贈られ、同誌ファッションページへの登場が提案されると、9人は歓喜の悲鳴。中でも田野優花は「めっちゃ好きなんです。このお仕事いただいた時もすごい嬉しくて。感動」と大喜び。編集長に感謝の言葉を述べ、何度も頭を下げていた。

終演後、報道陣の取材に応じた9人。高橋みなみは「ベスト・ウィゴーズ」受賞について「本当に嬉しかった。嘘かと思いました。ドッキリかと思うくらい衝撃的だった。私自身、洋服は大好きなので、選んでいただけてとても嬉しい」とあらためて喜びを語り、「AKB48ではずっと“オブスファッション”といじられていたけど、20歳をきっかけに変わったんです。でもそれを世間の方に知っていただけるきっかけがなかった。今日をきっかけに『高橋みなみ=オシャレ』というイメージになれば」と期待を込める。
また、「実は小嶋陽菜と峯岸みなみが上のほうで見ていたのでプレッシャーを感じながら歩いてました。」とウォーキング中の心境を明かし、受賞について「終わった後に小嶋陽菜から『ヤラセやん』って(連絡が)きました」と笑っていた。

10周年を迎える今年12月にグループからの卒業を控えている高橋。「上半期があっという間に終わった。ファンの方に『あともう少しで12月だね』と言われると、残り少なくなってきたなと思う。AKB48グループは目まぐるしく毎日が過ぎていくので、置いてけぼりにならないようにみんなで1日1日を大事にしていきたい」と噛みしめるように語っていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top