木村拓哉&松たか子、名コンビが大阪で舞台挨拶 初代相棒「しっくりくる」

大阪で「HERO」舞台挨拶を行った松たか子

SMAPの木村拓哉と女優の松たか子が8日、大阪・TOHOシネマズ梅田で行われた映画『HERO』の舞台挨拶に登壇した。



7月18日(土)に全国443スクリーンで公開初日を迎えた映画『HERO』は、公開2日間の観客動員数54万963人と本年度実写No.1のスタートを切り、公開5日間で観客動員100万人を突破。8月7日(金)までの公開21日間で観客動員236万人、興行収入30.2億円という大ヒットを記録している。
その大ヒットを記念し、今回の舞台挨拶は全国の『HERO』上映劇場の中で観客動員数日本一を記録しているTOHOシネマズ梅田で行われた。

本作では松たか子演じる雨宮舞子が久しぶりにシリーズにカムバック。今年3月に第一子を出産後、松がイベントに参加するのはこれが初めて。木村と松が揃ってイベントに参加するのは、2007年の映画『HERO』の初日舞台挨拶以来8年ぶりとなった。
木村、松とともに舞台挨拶に登壇した鈴木雅之監督が「この2人が揃うのはこの会場が初めてです」と伝えると、場内は大歓声。「“日本を代表するコンビ”と思って頂いてよいと思います」と太鼓判を押した。

木村は「初代相棒として、しっくりきますね。現場で雨宮さんになった松さんの『久利生さん』というセリフを僕が受け取った時、『これ、これ』という感じがありました」と久しぶりの共演を回顧。「撮影中は(松の)おなかの中に赤ちゃんがいて、どこか、以前にはなかった女性としての強さが、今回の雨宮さんには宿ってたんじゃないかな、と思いました」と印象を語った。

一方の松は「『初代』なんて言われることがないので、嬉しいです」と笑顔。久しぶりの木村との共演は「もちろん緊張してましたけど、とにかく何か『雨宮、ちょっと違うな』ってところがあったら言ってください、と監督と木村さんにお願いしました。でも、久利生さんを前にすると、体が動くというか手が出るというか、すぐ行動する感じがぱっとよみがえってきたので、『できそうかな』というささやかな自信を持てました」と撮影を振り返った。
また、「初めて共演した『ロングバケーション』のロケ地に人がすごく集まってしまい帰れなくなった時に、『送ってってやる』って言われて『はい』って言って、その時から先輩、後輩みたいな体育会系な関係が始まった気がします。ピシッとなっちゃう先輩というか、それが最初の印象です。この緊張は変わらないです」と2人のエピソードも披露した。

映画『HERO』は大ヒット上映中。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top