GALETTeが初ワンマンライブで新メンバー&新曲披露

ダンスユニットGALETTeが9日、東京・新宿BLAZEにてワンマンライブ「from GALETTe to GALETTe」を開催。新たにグループに加入する新メンバー2人をお披露目した。


「Brand-New-Style」でライブをスタート

「Brand-New-Style」でライブをスタート

2013年に福岡・北九州市で誕生し、人気の拡大にともなって今年から東京に拠点を移したGALETTe。初のワンマンライブとなったこの日のライブは「Brand-New-Style」で幕開け。当時の衣裳で元気よくライブをスタートさせると、7月22日にリリースした最新シングルで浅倉大介が作曲・編曲を手掛けた「air summer」などをパワー全開でパフォーマンス。MCではそれぞれ異なる個性を持つ3人による絶妙な掛け合いで会場を沸かせた。
一転して、ミディアムテンポの「ナチュラルスウィートな空気」「至上の愛」では、しっとりと歌い上げ、中でも「至上の愛」では、観客の白いサイリウムを掲げるタイミングがピッタリ揃っていたことから「みんなと一体になれた」と喜んだ。
「Candy Pop」では歌いながらハットの裏に詰めた飴を配るパフォーマンス。ハットの装飾がののこの衣裳にからまるアクシデントもあったが、2人のフォローもあって和やかなムードで乗り越えた。

ライブも終盤に差し掛かり、3人体制での最後に「じゃじゃ馬と呼ばないで」を熱唱。
古森結衣はこれまでの活動を感慨深げに振り返る。「この3人でここまでやってこれたことがすごい嬉しくて、正直、上京してきて自分がどうしていいのかわからなくなって…」と涙で言葉を詰まらせながらも、ファンの声援に後押しされ、「GALETTeが一番輝ける場所だと思っているので、これからも応援よろしくお願いします!」と声を張り上げた。
また、5人での新体制となることについて四島早紀は「今は“楽しみ!”っていうほうが強くて、これからのGALETTeに絶対期待しててほしい」と力強くアピールした。

5人となった新生GALETTe

5人となった新生GALETTe

この日より新たにメンバーに加わるのは、以前期間限定のサポートメンバーとしてGALETTeに参加していた元Party Rocketsの藤田あかりと、元Happy Danceのメンバーで、今年2月から3月にかけて行われたGALETTeの新メンバーオーディションによって選ばれた野田怜奈の2人。
会場のスクリーンに新メンバーを紹介する映像が流れた後、5人でステージに登場すると、新体制での新曲「Believe」を初披露。歌唱後、鳴り止まない歓声の中、新メンバーの藤田と野田がそれぞれファンに挨拶した。

野田は「こうして一緒にステージを作り上げる場をいただけて本当に嬉しいです。不安もありますけど、上を目指して、メンバーのみんな、スタッフのみなさん、そしてファンのみなさんと一緒に頑張っていきたいと思いますので、これから野田怜奈の応援よろしくお願いします」と挨拶。
藤田は「ミニアルバムのときに兼任させていただいて、今回は正式メンバーということで、とても嬉しいです。自分の選んだ道は正しかったと思えるように、全力で突き進んでいきたいと思います」と意気込みを語った。

ライブの様子

ライブの様子

古森が「これからはこの5人で強い意思を持って武道館に向かって真っ直ぐ進んでいこうと思っています」とファンの前で決意を述べると、ラストは新メンバー2人の曲振りで「JUMP! for a dream」をパフォーマンスし、ライブ本編が終了。
「GLT」コールで始まったアンコールでは、5人であらためて「air summer」を披露。さらに、12月29日にZepp DiverCity(TOKYO)にてワンマンライブを開催することが発表され、ファンを喜ばせた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top