池松壮亮&菅田将暉W主演 高校生がただ喋るだけの「セトウツミ」実写映画化

「別冊少年チャンピオン」にて連載中の漫画「セトウツミ」 の実写映画化が決定し、俳優の池松壮亮と菅田将暉がW主演することがわかった。


関西のとある河原で2人男子高校性が放課後にまったりと喋るだけ。ウィットに富んだ台詞、絶妙なユーモアと“間”のセンス。シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了するというシンプルな漫画がまさかの映画化。

「セトウツミ」というタイトルは、この漫画の主人公、男子高校生の瀬戸と内海(うつみ)の名前を組 み合わせたもの。
クールな塾通いの内海役を池松が、天然な元サッ カー部の瀬戸役を菅田が演じる。
ほぼ全編が瀬戸と内海の関西弁による掛け合いという究極の会話劇だけに、確かな演技力を誇る、池松&菅田の競演は原作ファンにも嬉しいキャスティングと言えるだろう。

撮影に向けて池松は「何だか面白そうなこの作品を、大森監督のもと、菅田くんと 2 人でやるという事で、何だか面白そうなことが始まるんじゃないかという気がしています。まだ撮影には入っていないのでどんな作品になるか分かりませんが、でもやっぱり何だか面白そうなので、楽しみにしていて下さい」とコメント。
菅田は「原作の瀬戸と内海のシニカルなやりとりに嫉妬しました。こいつらオモロ過ぎるやろ、と。現実世界にこんな奴らおったら勝たれへんで、と。原作の世界にある発想やセンスを大切にしつつ、素直に体現し、そこから先はもうどうなるかわかりませんという思いで楽しんで生きたいと思います」と秋から始まる撮影に期待を寄せている。

監督は『さよなら渓谷』でモスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞した大森立嗣が務める。
映画『セトウツミ』は2016年全国公開予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top