堀北真希、「ファンタスティック・フォー」で実写映画吹き替え初挑戦

「ファンタスティック・フォー」で初めて実写映画吹き替えを担当した堀北真希

女優の堀北真希が10月9日(金)公開の映画『ファンタスティック・フォー』の日本語吹替版で声優を務めることがわかった。堀北が実写映画の吹き替えに挑戦するのは今回が初めて。


『ファンタスティック・フォー』は、ある実験の大事故で「変化(パワー)」を得た4人の若者が主人公のアクション映画。
今回、堀北が吹き替えを担当するのは“ファンタスティック・フォー”のメンバーの1人で透明化する体を持つ女性科学者、スー・ストーム(インビジブル・ウーマン)。巨匠リドリー・スコット監督の最新作『オデッセイ』(日本公開:2016年2月)への出演も控える注目の若手女優ケイト・マーラが演じている。
若手実力派という共通点に加えて、インビジブル・ウーマンの体が透明になるパワーと、堀北の持つ透き通るような透明感がリンクし、配給元の20世紀フォックス映画がオファー。今回の起用に至った。

初めて実写映画の声優を務めた堀北は「監督から『少し大人っぽい感じを意識して欲しい』と言われ意識して演じました。声でのお芝居なので、あまりクールにしてしまうと感情の揺れが分からないので、感情の振り幅を表現するのが難しかったですね」と苦労を明かす。
本作については「普通の人が、特殊な能力を急に手に入れ、そこからヒーローとしての戦いが始まるというストーリーがとても面白いですし、ヒーローとしての葛藤も魅力的なところだと思います。そして、男性のアクションもカッコイイですが、ケイト・マーラさんのアクションシーンは、すごく迫力があって魅力的でした」とコメントしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top