武井壮、世界マスターズ陸上400mリレーで金メダル

元陸上競技選手でタレントの武井壮が16日、フランス・リヨンで行われた世界マスターズ陸上で、M40クラス(40〜44歳のクラス)の4×100mリレーに日本代表として出場し、金メダルを獲得した。前回大会200mで銅メダルを獲得した武井にとっては2大会連続でのメダルとなった。


アンカーの武井壮のほか、日本人初の40代100m10秒台を出した譜久里武、今大会200m銀メダルの渡辺潤一、41歳で100m自己ベスト11秒14を記録した石黒文康の4名で出走した日本代表チーム。
タイムは42.70と、世界記録の42.20にはわずかに及ばずだったが、公式アジア記録、日本記録の44.07を大きく上回ってのゴールとなった。

毎日、タレントとしての仕事を終えた後に、ジム等には行かず、深夜に街中をダッシュするトレーニングを重ねてきた武井。「毎日どんなに疲れていても、仕事終わりにかならず1時間トレーニングをして、必ず1時間知らないことを勉強する、というのが僕の決まりなんです。時間がない、そんなのできない、なんて言いたくない。僕のテーマは『毎日成長すること』なんです」というハングリー精神が実を結んだ。
快挙達成に「毎日がつまらないとか夢が見つからないっていうたくさんの同年代、若い世代の人たちに、人間の毎日1時間っていうものにどれだけの価値があるかっていうのを少しでも証明できたような気がする」と喜びを語った。

武井は、大学時代入学後に陸上を始め、競技歴1年半で10種競技の日本チャンピオンになった。現在も「野球の始球式で140kmを投げたい」など、まだまだ新しいスポーツでのチャレンジに意欲を燃やしている。

武井壮コメント

この2年間、一所懸命仕事をしながら、毎日1時間、計700日位以上、合計700時間以上、自分の全力を尽くして積み重ねてきたものがこの舞台で発揮できて、しかもさらに残り3人が、みんな仕事が忙しいのに、同じような、さらにそれ以上のモチベーションをもってトレーニングに励んでくれて、同じ夢に向かって毎日走ってこれて、この舞台に立てて世界のどの国よりも速くゴールできたことが、これからの人生の大きな支えになると思います。
そして毎日がつまらないとか夢が見つからないっていうたくさんの同年代、若い世代の人たちに、人間の毎日1時間っていうものにどれだけの価値があるかっていうのを少しでも証明できたような気がするので、これからまだまだ新しいゴールを見つけて、これからも毎日成長して、みなさんと一緒に楽しい人生を毎日自分史上最高の人生を送れるように、今後も頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top